取手駅すぐ。骨盤・姿勢矯正・むちうち・交通事故専門治療|接骨院・整体・マッサージ

           

完全予約制
TEL0297-71-5585

〒302-0024 茨城県取手市新町2-2-16
ルックハイツ取手第一 101号室
〈診療時間〉9:30~12:00/15:00~21:30
〈休診日〉水曜日

ブログ

顎の痛み

2020/07/27

顎の痛み

顎の痛みは、顔の神経障害によって起こるもの、

顎への過度の負荷が原因のものがあります。

軽い違和感だけだからといって放置していると、

痛みが強くなり食べることがままならなくなる場合があるので注意が必要です。

 

日常生活から考えられる原因

 

歯の噛み合わせが悪いことによる歪み

 

歯の噛み合わせが悪かったり、

合わない入れ歯や差し歯をしていると

それが習慣化して顎が歪むことがあります。

顎が歪むことで、日常的に顎の筋肉に負担がかかり

顎の痛みを引き起こしやすくなります。

 

歯ぎしり、歯の食いしばりによる顎への負担

 

寝ているときや重いものを持つときなどに

歯を食いしばると、顎には自分の体重ほどの負荷がかかると

言われています。

そのうえ、前後左右に歯を動かせば歯や顎に負担がかかります。

こうして顎は徐々に関節が歪み、痛みの原因になります。

 

食習慣による負担

 

硬い食品を食べた後に顎が疲れたり、痛みを感じた経験はあると思います。

しかし、近年は逆に柔らかいものばかり食べていたために

顎が弱くなり、日常の噛む動作だけでも痛みを感じる人が

増えています。

また、片側だけで噛むクセがあると

顎が受ける負担が左右で異なるため

顎に歪みが生じて痛みを引き起こすことがあります。

 

顎の痛みをともなう疾患

 

顎関節症

 

長時間同じ姿勢での作業や、頬杖をついたり、

噛み合わせが悪かったり、食べ物を片側の歯だけで食べる癖がある、

さらに歯ぎしりなどで顎に負担がかかる要因が重なり合うことで発症します。

また、ストレスで顎の筋肉が緊張している人にも起こりやすいです。

顎がカクカク鳴るのは顎関節症の予備軍の症状ですので

注意しましょう。

症状が進行すると、口が大きく開かなくなり

無理に開けようとすると痛みが走るようになります。

また、顎関節症は顎の動きに異常が生じるだけではなく

肩こりや頭痛などの症状が現れることも珍しくありません。

個人差はありますが、

目の疲れ、首、腰、背中などの痛み、耳鳴り、耳の痛みなど

症状は全身に及びます。

 

三叉神経痛

 

顔のこめかみから目、顎、頬と三本に枝分かれした三叉神経が

支配する領域に起こる痛みを三叉神経痛といいます。

多くは脳に流れる血管がこめかみで神経に触れたり、

神経を圧迫することによって起こります

目、頬、顎を中心に突然ぴりぴりとした痛みがあらわれます。

 

帯状疱疹

 

帯状疱疹とは、体の中に潜伏していた水ぼうそうの

ウイルスが再び活性化して起こります。

激しい痛みをともなう小さな赤い水ぶくれが

体の片側に帯のようにあらわれ

こめかみ、額、上顎や下顎にできることもあり

水ぶくれは1~2週間で治まります。

日本人のほとんどが持っているウイルスですが

疲れが溜まっている人やお年寄りなど

体の免疫力が落ちてきたときに発症しやすくなります。

 

舌咽神経痛

 

のどの奥にある舌咽神経痛の異常によって

発作的な痛みが起こる疾患です。

発作は酸味の強い物を食べたときや

あくびで口を大きく開けたときなどに起こり

電気が走るような鋭い痛みや焼けつくような強い痛みが

喉、舌、耳の奥に瞬間的にあらわれます。

喉の奥深が痛くなるので人によっては

「あごの関節が痛い」と感じることもあります。

 

日常生活でできる予防法

 

噛み合わせや顎の歪みを検査する

 

噛み合わせや、顎の歪みの異常は歯の痛みだけではなく

虫歯や歯周病の原因になることでも知られています。

 

口の体操をする

 

長い時間デスクワークしたり、緊張が続くと無意識に

歯を食いしばっていることが多くあります。

ときどき口を大きく動かしたり

軽く伸びをして体の緊張を解きほぐしましょう。

また、うつ伏せで寝たり頬杖をついたりするなど

顎に負担をかけることはやめましょう。

 

柔らかい食品と硬い食品をバランスよく食べる

 

柔らかい食品ばかり食べていると、顎の筋肉が弱ってしまいますので、

柔らかい食品ばかりを食べることは避けましょう。

そして、噛むときは片側だけで食べずに左右の奥歯を交互に使い

よく噛んでゆっくり食べましょう。

よく噛むことは顎への適度な刺激にもなります。

 

適切にストレス解消を

 

精神的な緊張やストレスは筋肉を緊張させ

食いしばりを起こしたり、夜間の歯ぎしりの原因にもなります。

 

おわりに

原因にもよりますが、顎の痛みの多くは整骨院での施術で改善します。

痛みを我慢せずにまずは一度当院にお電話でご相談ください。


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓便利なLINE予約はこちら

取手市くまもと整骨院 友達追加

マスクの表と裏

2020/07/23

こんにちは!

くまもと整骨院院長の熊本です。

 

新型コロナウイルスが猛威を振るう今

外出時のマスクの着用は欠かせないものになりました。

 

当院でもご来院時にマスクの着用をお願いしています。

マスクをした女の子

ところで皆さんはマスクを正しく着用できていますか?

ご来院いただいた患者様の中にも裏と表を逆に着用してこられる方が見受けられます。

 

どっちがマスクの表なの?

多くの方はひもを止めている部分や鼻にあたる針金の部分を隠すように内側にして着用しています。

もちろんそれであっている場合もありますが、

メーカーや製品によってはひもを止めている部分や鼻にあたる針金の部分が皮膚に触れて不快感が出ないように

あえて外側に来るように作られているものもあります。

 

片面がブルーのマスクに関しては『白い方が外?』『青い方が外』などと迷ってしまいますよね。

僕が普段着用しているものは青を外にして付けていますが、製品によっては白が外のものもあるかもしれません。

 

マスクの表裏の見分け方

中には『表』『裏』と親切に書いてあるマスクもありますが、

殆どの製品には書いてありません。

見分け方はひもを止めている部分や鼻にあたる針金の部分、色でもなく『折り方』です。

マスクは布の部分が折り返してあってひだ状になっています。

針金が入っている方を上に向けてマスクにあるひだが下を向いている方が表側(外側)です。

当然見る時に上下を間違えてしまうとひだも逆になるので注意しましょう。

 

下の画像が表(外)側です

マスク表

 

ひっくり返すと裏(顔)側です。

マスク裏

 

このページの上の女の子はマスクを逆につけているのが分かりますね。

 

たまにこんなのもありますが形状的にこっちが表でしょうか?

 

もしかしたらメーカーさんや製品によっては何らかの理由でひだを逆にしているかもしれないので

説明書きがあった場合はそれに従ってくださいね。

患者さんからも何度か聞かれたので今回はマスクについてでした。

 

おわりに

くまもと整骨院は蜜を避けるため完全予約制で営業しております。

感染予防の対策も継続的に行ってまいりますので安心してご利用ください。

ケガや交通事故などの際は是非一度お電話またはLINEでご連絡ください。


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓便利なLINE予約はこちら

取手市くまもと整骨院 友達追加

肘の痛み

2020/06/05

肘の痛み

 

肘関節の変形や痛みの原因は、外傷や炎症によるものなど様々です。

取手市くまもと整骨院-肘の痛み

上腕骨外側上顆炎

 

上腕骨外側上顆炎はテニス肘ともいわれており、

テニスなどのラケットを使用したスポーツを行う人に多くみられるスポーツ障害です。

ドアノブを回そうとしたり、手首を反らせるように腕に力を入れたり、

雑巾を絞る時などに痛みがあります。

症状が進むと、普段でも肘がジンジンと痛むようになってしまいます。

30~50代の女性に多く、テニス歴がなくても普段の家事、

キーボードの打ちすぎが原因でなることもあります。

 

上腕骨内側上顆炎

 

上腕骨内側上顆炎は小学校の高学年や中学生で野球をしている生徒はなりやすく

ピッチャーに多くみられる症状です。

野球肘とも言われています。

成長途中で骨端周辺の軟骨や骨が未熟なため

過度に投球を繰り返すことによって肘関節を保護している

軟骨や腱、靭帯が損傷してしまうのです。

 

上腕骨顆上骨折

 

転落や転倒よって、肘の部分に激しい痛みと腫れがあり

痛みで肘が動かせない時はこの骨折を疑います。

骨折片で血管や神経が損傷されると

指や手が痺れたり、動かせなくなることがあります。

ほとんどの例が鉄棒やうんていから落下したり

転んで手をついた際に骨折をします。

子供によくみられる骨折です。

 

肘内障

 

肘内障とは、2~6歳の小児の手を引っ張ったりしたときに

腕がだらっとした状態になることをいいます。

これは、脱臼ではなく肘関節の細い輪状の靭帯がずれることにより

生じると言われています。

靭帯がしっかりする7歳以降では起こさなくなります。

 

変形性肘関節症

 

変形性肘関節症は、テニス肘や野球肘、肘関節の過度の使用などが原因で発症します。

主に肘をよく使うスポーツや重労働をしていた50~60歳代の男性に多くみられます。

肘関節の可動域が徐々に制限され、肘が伸びにくくなったり曲げにくくなるといった症状が出ます。

また肘の使い過ぎにより、軟骨がすり減ってしまい肘に痛みを感じたり

骨と骨がぶつかり、骨棘というトゲができて

尺骨神経を傷つけることがあり、小指などにしびれを感じたり握力が低下するなどの

肘部管症候群が引き起こされる場合もあります。

 

肘部管症候群

 

変形性肘関節症などが原因で骨に変性がみられると

肘部管の内部で尺骨神経が圧迫されたり、小指や薬指に痺れを感じたり、

感覚が鈍くなたり、握力が低下するなど,

手指の動きが不器用になります。

長年、肘を酷使してきた人に起こりやすく

関節や骨は加齢によって変形しやすくなるため

加齢に伴い発症しやすくなります。特に中高年の方に多くみられます。

 

関節リウマチ

 

関節リウマチは30代以降の女性に多く発症する病気です。

本来は自分の体を守るための免疫システムに異常が起こり

自分自身の正常な組織や細胞を攻撃してしまう自己免疫疾患のひとつです。

手足の関節で起こりやすく、左右対称に関節の痛みと腫れが起こるのが特徴です。

この関節炎の状態が続くと、関節の周りにある骨自体が壊されたり、

関節が変形してしまいます。

 

おわりに

肘は日常動作で頻繁に動かす関節です。

痛みを我慢したまま動かし続けると多くの場合症状が悪化してしまいます。

肘に痛みを感じたら我慢せずに一度当院にご相談ください。


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓便利なLINE予約はこちら

取手市くまもと整骨院 友達追加

胸の痛み

2019/11/02

胸の痛み

 

走ったときなどに胸が苦しくなることは誰にでもありますが

圧迫されるような胸の痛みと同時に息切れが起こる場合は

肺の疾患や心臓病が考えられます。

その他、胸の痛みは筋肉痛や皮膚の痛み、肋間神経痛をはじめとする

さまざまな疾患によって起こります。

胸を押さえる女性

日常生活から考えられる胸の痛み

 

運動不足や食生活、ストレスなどの生活習慣

 

心臓が動くための栄養である血液は、心臓を取り囲む

冠動脈から心臓に送られます。

しかし、塩分、糖分、脂肪分の摂りすぎなど乱れた食生活や

過剰な精神的ストレス、運動不足によって

冠動脈が狭く、硬くなる動脈硬化を起こしたり

日々の偏食や、過労で肺の抵抗力が低下してしまうと

細菌などに感染したすくなります。

その結果、肺の疾患を誘因する原因となります。

 

喫煙の習慣

 

タバコの煙に含まれるタールは、気管支や肺に悪影響を与え炎症を引き起こします。

慢性的な咳による胸の痛みに悩まされる方も多く

気管支や肺の疾患の危険も増大します。

またタバコに含まれるニコチンは脈拍や血圧を上昇させる作用があり

これらが心臓に大きな負担をかけます。

さらに血管にも強い圧力をかけ、血管の壁を傷つけ動脈硬化を促進し

心臓病の誘因となります。

 

肥満による内臓脂肪の増加

 

近年、メタボリックシンドロームがさまざまな生活習慣病を引き起こすとして

問題になっています。

特に内臓に脂肪がつく肥満は内臓脂肪による血圧の上昇や

体内で増えすぎたコレステロールが血管の壁に沈着することで動脈硬化が促進され

心臓病のリスクが高まります。

 

過度の運動による疲労骨折、筋肉の痛み

 

急に激しい運動をしたり、肉体労働をした翌日や翌々日に

胸や腕が痛くなったという経験はあると思います。

これは、筋肉痛による痛みなので心配はいりませんが

痛みが続く場合や、呼吸困難や息切れを伴う場合は

肋骨の疲労骨折が疑われます。

疲労骨折はスポーツなどで体を酷使する方や

お年寄りなど骨が弱い方に多く起こります。

 

肋骨骨折

 

転落や転倒で胸に強い力が加わると肋骨骨折を生じます。

胸の痛みが強く、安静時にも痛みをうったえます。

さらに咳や深呼吸に伴って痛みが増します。

咳や、ゴルフのスイングによっても肋骨骨折(背中)を生じることがあります。

 

 

胸の痛みをともなう疾患

 

狭心症

 

心臓の筋肉に血液を送り込む冠動脈が糖尿病や脂質異常症によって

血管が動脈硬化で狭くなり、心筋に血液が不足しやすい状態になります。

そして、寒い日や階段の昇降時などの心臓に負担がかかったときに

一時的に酸素が不足し、息苦しい発作や、胸が締め付けられるような痛みを起こします。

 

心筋梗塞

 

突然、胸に激痛が起こり、痛みが30分から数時間続きます。

心臓の筋肉に血液を送り込む冠動脈が動脈硬化を起こし内腔が狭くなり

血液が固まってできた血栓が詰まり血流が完全に止まってしまいます。

血流が止まると心筋の壊死が始まります。

壊死の範囲が広がると血圧が低下して顔が蒼白くなり

冷や汗や吐き気がみられたり、意識を失って死に至ることもあります。

 

解離性大動脈瘤

今まで経験したことのない強烈な痛みを感じます。

心臓から身体全体に血液を送るための太い血管(大動脈)の壁に

亀裂ができてしまい、血管の壁の内側と外側の間に血液が流れ込んで

血液の壁が裂けてしまうのが解離性大動脈瘤です。

急に血圧が上がったときに起こりやすく、原因のほとんどが動脈硬化です。

突然、胸が痛くなり痛みは背中から腰へと広がります。

全身の血流が阻害されることで

腹痛、足の痛み、意識障害、失神などの症状があらわれることもあります。

 

心膜炎

 

心臓を包んでいる心膜に細菌やウイルスが感染して起こると考えられます。

感染によって炎症を起こし、多くは左胸に鋭い痛みを感じ

咳や深呼吸をすると痛みが強くなります。

また、体の左側を下にして寝ると痛みが増し

前かがみになったり、座ったりすると痛みが軽減するのが特徴です。

 

心臓神経症

 

心臓の検査をしても異常が見当たらないのに胸の痛みを訴えるのが心臓神経症です。

心臓に対して極度の不安を抱えていたり、

過労気味の状態で精神的なストレスを感じているなど

心の悩みが原因で起こります。

安静時にズキズキ、チクチクとした痛みが起こり

胸を手で押すとさらに痛みが増します。

その他、めまい、呼吸困難、息切れ、動悸などの症状があらわれます。

 

逆流性食道炎

 

肥満や加齢、暴飲暴食の習慣などが原因で胃酸が逆流し

食堂に炎症が起こる疾患です。

胸やのどのつかえが起こったり、

胸が締め付けられるような痛みを伴う場合もあります。

胸やけは特に食後に起こりやすく、

腰が曲がり背中が丸くなったお年寄り

胃の切除手術を受けた方、肥満傾向にある方に多く見られます。

 

肺炎

 

細菌やウイルスが肺に侵入し炎症を起こします。

風邪をこじらせたり、放置してしまうことが原因の一つです。

高熱が一週間以上続いたり、のどが痛くないのに痰や咳が出ることがあります。

また、肺炎が胸膜まで及ぶと強い胸の痛みを感じるようになります。

免疫力の弱いお年寄りや体力が落ちている方に

二次感染症として多くみられます。

 

肺塞栓症

 

血の固まりである血栓が肺動脈に流れ込み詰まってしまった状態です。

足の静脈にできた血栓がはがれて肺動脈に流れ込むことによって起こります。

この疾患は加齢や肥満とともに

点滴時の大量の空気混入や長時間同じ姿勢で座っていたりすることが

原因で起こる場合もあります。

急激な呼吸困難や咳、血痰、胸の痛みなどの症状があらわれたり

血圧が低下してショック状態になり突然死することもあります。

 

肋間神経痛

 

肋間神経痛は体の左右どちらかの肋骨に沿って激しい痛みを感じる疾患です。

痛みは数秒から数分間続きます。

肋間神経痛は、変形性脊椎症などの脊椎や脊髄の疾患、

帯状疱疹の感染時や治癒した後の後遺症として起こることがあります。

 

自然気胸

 

前触れもなく突然発症します。

呼吸をしても大きく息が吸いにくい感じがします。

呼吸困難、酸素飽和度の低下、動悸、咳、頻脈などがみられ、

発症初期には、肩や鎖骨辺りに違和感、背中の鈍痛、胸痛がみられることもあります。

20代前後、60歳代のやせ型の人に多くみられます。

 

日常生活でできる胸の痛みの予防

 

塩分、糖分、脂肪を控え、早食いをやめる

 

塩分、糖分、脂肪のとりすぎは動脈硬化に繋がっていきます。

外食では、脂肪の多い肉類をさけたり、薄味のものを選んだり、

ご飯をいつもより少なめにするなどの工夫をしましょう。

また、いくら栄養に気を付けていても

早食いや、ながら食い、食べすぎてしまうと

食事の脂肪摂取や摂取エネルギーは増加し

肥満を招いたり、心臓に大きな負担をかけ動脈硬化の危険性も増します。

食事はゆっくり、よく噛んで食べるようにしましょう。

 

心臓に負担をかけないような運動をする

 

適度な運動は、血液の循環をよくし心臓への負担を軽くします。

しかし、準備運動をせずに運動をしたり

水分をまったくとらなかったりすると心臓に悪影響を及ぼします。

特に、普段運動をしない方は激しい運動は避け

ウォーキングなどで徐々に体を慣らしていくようにしましょう。

 

急激な寒暖差に気を付ける

 

急激な温度変化があると心臓に大きな負担がかかります。

夏に暑い戸外から冷房の効いた室内に入るときや

逆に冬の暖房の効いた室内から外に出るときなども

温度差が出すぎないよう衣類などで調整しましょう。

冬には、浴室、脱衣所、トイレなどを温める工夫も必要です。

 

アルコール、香辛料を控える

 

刺激の強い、アルコールや香辛料は胃酸の分泌を促進し

胸やけによる胸の痛みの原因となります。

胸やけが起こりやすいという方は、アルコールや香辛料を控えましょう。

また、食事は3食規則正しくとり、食後30分はゆっくり休むことも

胃の負担を減らすためには大切です。

 

ストレスを溜めない

 

仕事のプレッシャーや時間に追われる緊迫感などの

ストレスは心臓に負担をかける原因になります。

ストレスや疲労が蓄積しないよう、無理のないスケジュールを立て

時間にゆとりをもって行動しましょう。

また、睡眠を十分にとることと、好きなことをする時間をもつことも大切です。

 

おわりに

胸の痛みについて疾患をメインに書いて来ましたが、単なる血行不良による痛みの場合も多く見られます。

血行不良によるもの外傷性のものや神経痛の場合整骨院で施術できます。

胸に痛みを感じたら我慢せずに一度ご相談ください。

 


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓便利なLINE予約はこちら

取手市くまもと整骨院 友達追加

股関節の痛み

2019/10/07

股関節の痛み

 

股関節の痛みの原因には、子供の頃の股関節脱臼や

臼蓋形成不全といった障害によるもの、外傷性の捻挫や血行不良によるもの、

骨折や加齢によるものなどがあります。

骨折以外の症状は、徐々に進行し痛みのために

歩行が困難になることもあります。

 

取手市くまもと整骨院 股関節の痛み

外傷が原因の股関節の痛み

 

股関節の骨折の起こりやすさは

病気の有無、年齢、性別などの要因によって変わってきます。

50歳を過ぎると股関節骨折を負う可能性が高くなり

5~6年が経過するごとに倍増すると言われています。

骨は加齢とともに弱くなっていきますが

この傾向は骨粗しょう症が多い女性で特にみられます。

骨粗しょう症とは骨がもろくなる病気で、

60歳代では2人に1人、

70歳以上になると7割の女性が罹ってしまいます。

日本には1000万人以上の骨粗しょう症患者がいると推定されていますが

そのうちの3割が女性と言われています。

また、背中の痛みや腰痛といった症状以外

自覚症状が少ないのも特徴です。

骨粗しょう症になると転倒するときに骨折する確率が高くなります。

股関節骨折全体の約90%が転倒によるもので

女性が生涯に股関節骨折を負う確率は、男性の2倍~3倍と言われています。

 

変形性股関節症

 

股関節の軟骨が加齢や摩耗によりすり減ることで起こります。

股関節が浅い臼蓋形成不全や

子供の頃からの先天性股関節脱臼の後遺症などが原因となることが多いですが

加齢によって軟骨が減ってしまう事が原因になることもあります。

症状としては、歩くときなどに股関節が痛み、

股関節の動きが制限されるようになります。

痛みが強い場合は、人工股関節置換術や骨切り術を行うことがあります。

 

臼蓋形成不全

 

股関節にある臼蓋部分が、発育が不良で小さく、

骨頭を十分におおうことができない状態なために

股関節に痛みを生じるのが臼蓋形成不全です。

変形性股関節症のほとんどは臼蓋形成不全が原因で発症します。

体重の数倍の力がかかる関節なので

臼蓋の面積が狭いと、接触面に集中的に力が加わることになり

軟骨がすり減ってしまいます。

その結果、股関節が変形し炎症が起きてしまうのです。

 

 

大腿骨頭壊死症

 

大腿の骨頭部分の血流が悪くなり、

骨の細胞が死んでしまう病気です。

アルコールの飲酒量が多い方や他の病気の治療で

ステロイドを大量に服用されている方の発生率が高くなりますが

発症の原因が不明なこともあります。

症状としては、変形性股関節症の方と同様ですが、

壊死が進行すると、大腿骨の骨頭や股関節が変形し痛みが強くなります。

痛みが強い場合は、人工関節置換術を行うことがあります。

 

子供の股関節の痛み

 

ペルテス病

約1歳半~骨が成熟するまでの間に発症した大腿骨頭の血行障害により生じる壊死の事をペルテスと言います。

ペルテス病の原因は未だ明らかではなく、治療は症状の重症度や脚長差などを見て保存療法又は手術を行います。

 

大腿骨頭すべり症

10代前半の肥満体系の男子に多く発症する大腿骨の骨端線(成長部分)の所で大腿骨頭の上の部分が後方にずれる病気で5分の1の確率で両側に発症します。

初潮後の女児には殆ど見られません。

症状はまず股関節の硬直が起こり安静にすると軽減する。その後歩き方が崩れ太ももの内側から膝にかけて放散する股関節痛が起こります。しかし中々症状が現れないこともあり発症するころには悪化していることが多く、初期では症状が出ない為見過ごされることも少なくありません。

症状は一般的に進行していくため診断されたら直ぐに手術が必要です。

 

股関節痛のケア

 

股関節周辺の筋肉を強くする

 

筋力トレーニングを行い股関節の周りの筋肉を強化すると

股関節の痛みを緩和することができます。

 

水中運動

 

水中では浮力がかかるので、股関節に負担をかけずに

筋肉を鍛えることができます。

しかし、水中運動は心臓に負担がかかったり、

自己流で行うと股関節の痛みが悪化したりと逆効果になることもあります。

水中運動を行う時は、専門の人の指導を受けてから行いましょう。

 

生活習慣を改善する

 

正座する機会が多い和式生活から

椅子やソファに座る洋式生活に替えることで

股関節への負担を軽減できます。

 

整骨院での治療

 

股関節周囲の筋、筋膜を緩め股関節を調整し股関節の動きをスムーズにしていきます。

それにより負担が軽減し血行が良くなることで回復が早まります。

また、くまもと整骨院では深部まで届く特別電気治療やテーピングをして更なる改善を目指します。

 

おわりに

股関節の痛みについて書いていきましたが整骨院で相談を受ける股関節痛はしっかり治療をすれば改善がみられるものが殆どです。

しかし股関節の痛みを放っておくと時に重大な疾患が隠れていることもあるので股関節に痛みを感じたら我慢せずに早期に受診することをお勧めいたします。

まずはお気軽にお電話でご相談ください。


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓予約に便利なLINE@

取手市くまもと整骨院 友達追加