取手駅すぐ。骨盤・姿勢矯正・むちうち・交通事故専門治療|接骨院・整体・マッサージ

TEL0297-71-5585

〒302-0024 茨城県取手市新町2-2-16
ルックハイツ取手第一 101号室
〈診療時間〉9:30~12:00/15:00~21:30
〈休診日〉水曜日

ブログ

かかとの痛み

2019/07/12

踵(かかと)の痛み

こんにちは!柔道整復師の熊本です。

今回は『踵(かかと)の痛み』についてお話させていただきます。

 

取手市くまもと整骨院踵の痛み


その中でも当院でもよくご相談を受ける『足底筋膜炎(そくていきんまくえん)』『アキレス腱滑液包炎(あきれすけんかつえきほうえん)』『セーバー病』について話していきます。

 

足底筋膜炎(足底腱膜炎)


足のアーチを保持している足底腱膜に炎症を起こし、主要な症状は足の裏のかかと部分の痛みで、歩き始めや走り始め、特に朝起きて第1歩目に強く痛みが出ます

症状が軽いうちは歩いたり動かしていると症状は軽減していきますが、かかとを手で押してみたり荷重がかかとにかかった時に痛みが出ます。

ひどくなってくると走れば走るほど痛くなってきます

 

骨棘という棘がかかとにできている場合もありますが、これが無い場合はレントゲンで見ても異常が認められません。

主に圧痛などの症状を見て判断します。


足底筋膜炎は足に繰り返しの負荷がかかることで発症しマラソン選手などに多く見られますが、運動不足で足の筋肉が硬い状態で急に運動をした時など見も見られます。


この症状では膝の裏から足底部までの筋が硬くなっていることが多く、これらの筋を緩めることで負担を軽減できます。

足のアーチ自体に不具合があることもあり手技で整えていきます。

またテーピングなどの処置が回復を早めてくれます。

 

アキレス腱滑液包炎(ハグルンド病)


この症状は10~30歳代で発症することが多く、踵の後面、アキレス腱が付着している部分に痛みが出ます。

しかも両足に症状が出る事が多いです。


かかと後面付近が親指大くらいに腫れて見えることがあります。

これは滑液包と呼ばれる骨やその他の組織との摩擦を軽減させるための袋状の組織が炎症を起こしているためです。


レントゲンでは特に目立った所見は見られません。


サッカーなどの走り続けるスポーツをしている方や、パンプスや硬い革靴を履いての営業まわりをしている方はこの部分に繰り返しの負担がかかる為発症しやすくなります。


治療としては、ふくらはぎの筋肉を緩めテーピングでこすれている部分に隙間を作り組織同士がこすれにくくします

 

セーバー病(踵骨骨端症)


成長期に起こる骨端症の一つで踵の骨に起こるものをセーバー病(シーバー病)と言います。

 

取手市くまもと整骨院セーバー病

骨端症とは完全に骨化していない骨の成長軟骨に繰り返しの負荷がかかることで骨軟骨炎などの症状を引き起こしている状態です。

発症する場所によって違う病名がついていて好発年齢も異なります。


踵骨に起こる骨端症のセーバー病は10歳前後の男児に多く見られる病気ですが、近年は女児も幼少期から激しく運動することが多いせいか当院に来院されるセーバー病の患者様は男女比の差は殆どありません


セーバー病の治療で一番大切なことは患部の安静です。


激しい運動を中止し、症状がひどい場合は松葉杖や足底挿板と呼ばれる靴の中敷きを使用し踵への荷重を極力かけないようにします


治ってしまえば一般的に良好な経過をたどりますが、治るまでの期間は長期化することが多く1年以上要することが殆どです。


くまもと整骨院ではセーバー病の回復を早める処置として特別電気治療テーピングなどを行っております。

また人工筋肉と呼ばれる衝撃吸収材の入ったサポーターを使用して踵への衝撃を軽減します。


以前来院された患者様は2~3ヶ月で痛みが殆ど引きました

 

おわりに


踵に痛みが出た場合、今までの生活を普通に続けて症状が緩和していくことは殆どありません。
スポーツや日常動作に支障をきたすことも多い為早期の受診をお勧めします。


特に小学校高学年でスポーツをする方はすぐにご連絡ください。

ゴールデンエイジと呼ばれる年齢で今が最も運動神経(スポーツセンス)を伸ばせる時期です。

これを逃すと今後著しく運動能力を伸ばすことは難しくなります。


この大切な時期を療養だけで終わらせないためにも一緒に早期回復を目指しましょう!


踵に痛みを感じたらまず一度当院にお電話でご相談ください。


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓予約に便利なLINE@

取手市くまもと整骨院 友達追加

自転車の事故

2019/06/03

こんにちは!

くまもと整骨院の院長の熊本です。

 

一部地域、自治体によっては自転車保険の加入が義務化されたり

傘をさしたままの運転がルール違反になるなど『自転車の事故に対する対策が強化されてきています。

 

たかが自転車の事故と思って軽視していると後から痛みが出て保証されなくなったり

思わぬトラブルを引き起こすこともあります。

はじめに言っておきますが、自転車と車の事故はもちろん、自転車同士の事故、

自転車と歩行車の事故でも『むち打ち』は起こります

強くぶつかったり転倒した場合は骨折脱臼などのケガもしてしまいます。

しっかりと手続きをして早期に治療を開始することが大切です。

 

では実際に自転車で事故に巻き込まれてしまった時、どのように対処すればよいのでしょうか?

取手市くまもと整骨院 自転車と歩行者の事故

 

自転車事故について

自転車は道路交通法で『軽車両』に分類されるので、スピード違反の対象にもなりますし、

事故を起こしてしまったらそれは立派な交通事故です。過失割合に応じて損害賠償も請求されます。

そんな時守ってくれるのが『自転車保険』です。

単独で自転車の保険に加入していなくても自動車の保険に自転車事故の補償がついている場合がありますので契約内容を確認しましょう。

また相手のいる事故の場合必ず連絡先を控えておきましょう

後から痛みが出て来ても治療費や慰謝料の請求先が分からず泣く泣く自費で賄うことになってしまいます。

事故後は警察を呼び、たとえ痛みが無くても医療機関でしっかりと診察を受けましょう

可能であれば受診前に保険会社に連絡しておくと病院での対応がスムーズになります。

 

 

自転車と自動車の事故

相手が自動車の場合『自賠責』を使って治療を受けることができます。

自賠責保険とは車を運転していて加害者になってしまった場合被害者を救済するための保険なので相手が自転車や歩行者でも適用になります。

 

自転車と自動車の事故で多いケースは交差点での巻き込み事故出会いがしらの事故です。

取手市くまもと整骨院 自転車と車の事故

当然ですがこの場合ほとんどのケースで自転車側の方が被害が大きくなります

車は車両の凹み程度で済むことが多いのですが、自転車側に起こりやすい症状としては様々な部位の骨折、脱臼や捻挫、全身打撲、頭部が強く振られるのでむち打ちになることも多いです。

また脳や内臓を損傷している可能性もあるので必ず早期に病院に行きましょう

 

これだけ症状に差があったとしても必ずしも車が100%悪いわけではありません。

自転車側にも過失がある場合その割合によって治療費や慰謝料が減額されてしまいます。

これを『過失相殺』と言い、被害の大きい自転車側は特に過失割合が重要になってきます。

例え自分が金額にして500万円の被害を受けたとしても過失が2割あると過失相殺により保険金額は400万円になってしまいます。

過失割合は複雑な算定基準の基づいて基本的には保険会社同士の話し合いで決まります。

 

弁護士に依頼することで過失割合が変わることもあるので、被害が大きい場合は相談してみることをお勧めします。

その際に発生する費用は弁護士費用特約により支払われることがありますので、

自身や同居している家族の自動車保険や火災保険などの契約書を確認してみましょう。

 

 

自転車同士の事故

自転車同士の事故の場合自賠責の適用になりません

自転車単体で保険に加入していなくて、自動車保険に加入している場合は契約内容を確認しましょう

特記事項欄に自転車での事故も含まれていることが記載されている場合があります。

 

自転車同士の事故では側面からの衝突正面衝突などが考えられます。

ママチャリと呼ばれるタイプの自転車でも平均時速10~15㎞出ているとされています。

この自転車同士が正面からぶつかった際に2~3Gの負荷が体にかかると考えられます。

これはむち打ちを引き起こすには十分な力で更に転倒し骨折や打撲などのケガも負います。

早期に受診し適切な治療を受けましょう。

 

相手とトラブルになりそうな場合は弁護士に依頼しましょう。

 

 

自転車と歩行者の事故

自転車同士の事故と同様に自転車と歩行者の事故も自賠責の適用になりません

自転車単体で保険に加入していなくて、自動車保険に加入している場合は契約内容を確認しましょう

特記事項欄に自転車での事故も含まれていることが記載されている場合があります。

 

自転車同士の事故にも共通して言えることですが、自転車と歩行者の事故ではお互いに保険に加入していないケースが多く、加害者側に支払い能力がない場合損害賠償を請求できなかったり示談ができない場合があります

また相手が子供である可能性もあります。

この場合必ず親権者に対して代わりに損害賠償を請求できるわけではありません。

子供に責任能力がない場合親権者に責任があるとされていて、おおよその責任能力がない子供とは小学生くらいまでを言い中学生くらいからは責任能力があるとされています。

したがって中学生以上の未成年との事故を起こしてしまうと親権者に請求できることは難しくなり、しっかりと補償を受けられなくなってしまいます。

 

自転車と歩行者の場合自転車の不注意や歩行者の飛び出しによる接触事故が多くなります。

歩行者は生身なのでハンドルなどでカットしてしまうこともあり、転倒することも多いので骨折などの外傷を負います。

頭部が降られた場合はやはりむちうちになることもあります。

軽症で済むことも多いのですが、打ちどころによっては死亡事故になる可能性も無くはありません。

 

 

整骨院での治療

手術が必要な重症の場合や出血を伴う外傷以外は殆ど整骨院で治療ができます。

まずは整形外科でしっかりと診断を受け、整骨院と併用して通院することをお勧めします。

医師により事故によって怪我をしたと認められなかった部位は補償の対象にはなりません。

後から痛みが強くなる場合がありますので、今は大したことなくてもしっかりと診断を受けましょう。

また、骨折や脱臼の治療を整骨院で受ける場合は応急処置を除き医師の同意が必要です。

口頭でも構いませんので、同意をもらった日、病院名、医師の名前を控えておきましょう。

 

くまもと整骨院では骨折、脱臼の整復固定の他、怪我の回復を早めるための施術を行っております。

むち打ちには特別電気治療テーピングを首や胸に張ることで症状が和らぎ回復力が高まります。

 

 

おわりに

自転車の運転は少しの不注意で凶器になったり自分自身が命を落としてしまうこともあります。

誰も今から事故に遭おうと思って出かけているわけではありません。

100%事故に遭わない人は一人もいないのです。

万が一の時に備えて事故の時の対処方法を確認しておきましょう。

怪我をしてしまった時に身体は痛いのに補償を受けられなかったがために我慢せざるおえないケースを沢山見てきました。

自転車保険は月に100円強、年間2000円弱で加入できます。

自転車に乗る方は自分や相手を守るため自転車保険の加入をお勧めいたします

万が一交通事故に遭ってしまった際は是非一度当院にご相談ください。

 

交通事故治療


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓予約に便利なLINE@

取手市くまもと整骨院 友達追加

テニスで起こりやすいケガ

2019/06/03

テニスで起こりやすいケガ

こんにちは!柔道整復師の熊本です。

僕は中学時代ソフトテニス部に所属していて夢中でボールを追いかけました。

部活の思い出は大人になっても鮮明に覚えているものですね。

取手市くまもと整骨院 テニスで起こりやすい怪我

くまもと整骨院にも現役のテニス部の学生さん達が怪我の治療をしに来院されます。

今回はテニスでよくみられるケガについてです。

 

足首の捻挫

 

無理な体勢からボールを追いに行ったりバランスを崩したときに起こりやすいです。

ひどい場合は患部の腫れや皮下出血を伴うこともあります。

痛みで歩けなかったり、しばらく痛みが引かない場合は骨折を伴っていたり、靭帯が切れてしまっている可能性があります。

怪我の治療はスピードが命!直ぐに受診して下さい。

 

肉離れ

 

テニスレッグとも呼ばれます。

季節の変わり目、練習前の準備運動の怠りや寝不足、疲労などの体調不良が重なったときに起こりやすいです。

表面上に変化がない場合でも筋肉の深い部分を損傷している可能性があります。

引っ張られたり、押されたりして痛みを感じる時は筋肉の深い部分を傷めています。

痛みを感じたら早期に受診しましょう。

 

テニス肘

 

テニス肘は週3日以上プレーするプレーヤーに多くみられるケガです。

肘関節の過激な使用や、腕が伸びきった状態で負荷がかかる動作が続けられた場合に起こりやすいです。

テニス肘かそうでないかは、腕をねじったり、手首を反らして肘を伸ばしたときに痛みが感じられるか否かでわかります。

痛みを感じる場合はテニス肘の疑いがあります。

直ぐに治療を開始すると共に専用のサポーターを着用することをお勧めします。

 

ケガの予防

 

予防としては、5つ気をつけてほしいことがあります。

 

1、必要な筋力をつけること

2、ウォーミングアップをすること

3、痛みが出そうだと感じたらすぐにやめること

4、プレー後クールダウンをすること

5、自分の体をよく知り、変化を感じ取ること

 

おわりに

 

今回はテニスをプレーする上で避けては通れない特徴的なケガについて書きました。

これらの症状は全てくまもと整骨院で施術可能です。

捻挫や肉離れなどは他の記事で詳しく書いているので

一度見てみてください。

怪我の予防には正しいフォームを身に付けることが大切です。当院の全身姿勢矯正をお勧めします。

テニスプレー中にもしケガをしてしまったら是非当院へご相談ください。


くまもと整骨院

0297-71-5585

↓予約に便利なLINE@

取手市くまもと整骨院 友達追加

マッサージ

2019/06/01

こんにちは!

院長の熊本です。

 

くまもと整骨院では体の仕組みをしっかり勉強した国家資格者柔整マッサージを行っております。

 

肩こり腰痛肉体疲労など気になるところを狙ってしっかりほぐしていきます。

 

取手市くまもと整骨院 マッサージ

 

ただ単に筋肉をほぐすだけでは再び血行不良を起こして症状が出てきます。

当院のマッサージは関節を狙ってしっかりと動きをつけていきます。

関節が動けば血流が良くなり、自然に筋肉も緩んでいきます。

 

よく整骨院は保険を使ってマッサージをできるところと誤解されがちですが、怪我のみが保険適用になり、

怪我を早く回復させるためにマッサージを行うことがあるというだけです。

したがってただ単に肩こりや原因不明の腰痛、慢性ヘルニアや五十肩などは全て自由診療となります。

 

もしも他の整骨院でこれらの症状で保険証の提示を求められた際はご注意ください。

保険証を不正利用される可能性が高いです。

その際は保険証に記載されている健康保険組合にご相談ください。

 

くまもと整骨院では自由診療でも初回から1回1500円+税~で施術させていただいております。

慢性的な症状には全身姿勢矯正特別電気治療テーピングなどを合わせてお受けいただくことをお勧め致します。

 

まずはお身体の調子や症状をお聞かせください。

一人一人に合った施術内容を提案させていただきます。

 

当院では施術内容や料金を明瞭にし患者様に決定していただいております。

決して押し売りすることはありませんので安心してご来院ください。

 

初診の方や延長マッサージをご希望の場合はお待たせしてしまうことやお受けできない場合がございますので、

必ずご来院前にお電話でご予約下さい

 

怪我や交通事故の治療はもちろん、怪我の予防や慢性的な症状も取手市のくまもと整骨院にお任せください!

 


くまもと整骨院

0297-71-5585

↓予約に便利なLINE@

取手市くまもと整骨院 友達追加

BPプログラム

2019/05/31

こんにちは!

院長の熊本です(^^♪

 

皆さんは取手市のウェルネスプラザで行われている『BPプログラム』はご存知でしょうか?

BPプログラムとは2ヶ月から5ヶ月のお子様を初めて育てているママさんのためのプログラム取手市が運営しています。

取手市ママフレ

育児のために必要な知識を学んだり、初めての子育てでの悩みを共有しあったり、

ママ友を作ったりと初めてママになった方にとっては素晴らしいプログラムです。

 

僕の妻も楽しみに通ってました。

取手市くまもと整骨院 BPプログラム

あれからもう2年...

娘もすくすく育っています。

本当にBPプログラムには感謝ですね。

 

実はBPプログラムを行う2~5ヶ月がちょうど産後骨盤矯正を行うのに適した時期(1ヶ月から可能です)で、

BPプログラムの帰りに当院にご来院される方が多くいらっしゃいます。

整骨院でもBPのママ友達が集まるので皆様仲良くお話して通院するのを楽しみにして下さっています。

今期のBPプログラムメンバーも徐々に増えてきてますよ♪

 

産後の骨盤をそのままにしておくと怪我をしやすくなってしまったり、慢性的な症状を引き起こしやすくなります

特に2人目の出産をお考えの方は妊娠に備えてお早めに産後矯正をされることをお勧めします。

 

産後矯正の他にもストレッチやトレーニングのアドバイスや育児の際に生じた怪我腱鞘炎お子様の怪我の治療にも対応しております。

 

当院は口コミでも「子連れで通えて助かる」「土日もやっているから主人に預けて通える」「スタッフが子供を見てくれて安心」などとママさん達から嬉しいお言葉をいただいております<(_ _)>

 

くまもと整骨院は取手駅西口ウェルネスプラザから歩いて3分です。

授乳おむつ替えも出来ます。

是非ベビーカーのままお子様と一緒にご来院ください。ℨ

※ご来院の際はご予約いただいた方がスムーズにご案内できます。

 


くまもと整骨院

0297-71-5585

予約に便利なLINE@↓

取手市くまもと整骨院 友達追加