取手駅すぐ。骨盤・姿勢矯正・むちうち・交通事故専門治療|接骨院・整体・マッサージ

TEL0297-71-5585

〒302-0024 茨城県取手市新町2-2-16
ルックハイツ取手第一 101号室
〈診療時間〉9:30~12:00/15:00~21:30
〈休診日〉水曜日

ブログ

胸の痛み

2019/11/02

胸の痛み

 

走ったときなどに胸が苦しくなることは誰にでもありますが

圧迫されるような胸の痛みと同時に息切れが起こる場合は

肺の疾患や心臓病が考えられます。

その他、胸の痛みは筋肉痛や皮膚の痛み、肋間神経痛をはじめとする

さまざまな疾患によって起こります。

胸を押さえる女性

日常生活から考えられる胸の痛み

 

運動不足や食生活、ストレスなどの生活習慣

 

心臓が動くための栄養である血液は、心臓を取り囲む

冠動脈から心臓に送られます。

しかし、塩分、糖分、脂肪分の摂りすぎなど乱れた食生活や

過剰な精神的ストレス、運動不足によって

冠動脈が狭く、硬くなる動脈硬化を起こしたり

日々の偏食や、過労で肺の抵抗力が低下してしまうと

細菌などに感染したすくなります。

その結果、肺の疾患を誘因する原因となります。

 

喫煙の習慣

 

タバコの煙に含まれるタールは、気管支や肺に悪影響を与え炎症を引き起こします。

慢性的な咳による胸の痛みに悩まされる方も多く

気管支や肺の疾患の危険も増大します。

またタバコに含まれるニコチンは脈拍や血圧を上昇させる作用があり

これらが心臓に大きな負担をかけます。

さらに血管にも強い圧力をかけ、血管の壁を傷つけ動脈硬化を促進し

心臓病の誘因となります。

 

肥満による内臓脂肪の増加

 

近年、メタボリックシンドロームがさまざまな生活習慣病を引き起こすとして

問題になっています。

特に内臓に脂肪がつく肥満は内臓脂肪による血圧の上昇や

体内で増えすぎたコレステロールが血管の壁に沈着することで動脈硬化が促進され

心臓病のリスクが高まります。

 

過度の運動による疲労骨折、筋肉の痛み

 

急に激しい運動をしたり、肉体労働をした翌日や翌々日に

胸や腕が痛くなったという経験はあると思います。

これは、筋肉痛による痛みなので心配はいりませんが

痛みが続く場合や、呼吸困難や息切れを伴う場合は

肋骨の疲労骨折が疑われます。

疲労骨折はスポーツなどで体を酷使する方や

お年寄りなど骨が弱い方に多く起こります。

 

肋骨骨折

 

転落や転倒で胸に強い力が加わると肋骨骨折を生じます。

胸の痛みが強く、安静時にも痛みをうったえます。

さらに咳や深呼吸に伴って痛みが増します。

咳や、ゴルフのスイングによっても肋骨骨折(背中)を生じることがあります。

 

 

胸の痛みをともなう疾患

 

狭心症

 

心臓の筋肉に血液を送り込む冠動脈が糖尿病や脂質異常症によって

血管が動脈硬化で狭くなり、心筋に血液が不足しやすい状態になります。

そして、寒い日や階段の昇降時などの心臓に負担がかかったときに

一時的に酸素が不足し、息苦しい発作や、胸が締め付けられるような痛みを起こします。

 

心筋梗塞

 

突然、胸に激痛が起こり、痛みが30分から数時間続きます。

心臓の筋肉に血液を送り込む冠動脈が動脈硬化を起こし内腔が狭くなり

血液が固まってできた血栓が詰まり血流が完全に止まってしまいます。

血流が止まると心筋の壊死が始まります。

壊死の範囲が広がると血圧が低下して顔が蒼白くなり

冷や汗や吐き気がみられたり、意識を失って死に至ることもあります。

 

解離性大動脈瘤

今まで経験したことのない強烈な痛みを感じます。

心臓から身体全体に血液を送るための太い血管(大動脈)の壁に

亀裂ができてしまい、血管の壁の内側と外側の間に血液が流れ込んで

血液の壁が裂けてしまうのが解離性大動脈瘤です。

急に血圧が上がったときに起こりやすく、原因のほとんどが動脈硬化です。

突然、胸が痛くなり痛みは背中から腰へと広がります。

全身の血流が阻害されることで

腹痛、足の痛み、意識障害、失神などの症状があらわれることもあります。

 

心膜炎

 

心臓を包んでいる心膜に細菌やウイルスが感染して起こると考えられます。

感染によって炎症を起こし、多くは左胸に鋭い痛みを感じ

咳や深呼吸をすると痛みが強くなります。

また、体の左側を下にして寝ると痛みが増し

前かがみになったり、座ったりすると痛みが軽減するのが特徴です。

 

心臓神経症

 

心臓の検査をしても異常が見当たらないのに胸の痛みを訴えるのが心臓神経症です。

心臓に対して極度の不安を抱えていたり、

過労気味の状態で精神的なストレスを感じているなど

心の悩みが原因で起こります。

安静時にズキズキ、チクチクとした痛みが起こり

胸を手で押すとさらに痛みが増します。

その他、めまい、呼吸困難、息切れ、動悸などの症状があらわれます。

 

逆流性食道炎

 

肥満や加齢、暴飲暴食の習慣などが原因で胃酸が逆流し

食堂に炎症が起こる疾患です。

胸やのどのつかえが起こったり、

胸が締め付けられるような痛みを伴う場合もあります。

胸やけは特に食後に起こりやすく、

腰が曲がり背中が丸くなったお年寄り

胃の切除手術を受けた方、肥満傾向にある方に多く見られます。

 

肺炎

 

細菌やウイルスが肺に侵入し炎症を起こします。

風邪をこじらせたり、放置してしまうことが原因の一つです。

高熱が一週間以上続いたり、のどが痛くないのに痰や咳が出ることがあります。

また、肺炎が胸膜まで及ぶと強い胸の痛みを感じるようになります。

免疫力の弱いお年寄りや体力が落ちている方に

二次感染症として多くみられます。

 

肺塞栓症

 

血の固まりである血栓が肺動脈に流れ込み詰まってしまった状態です。

足の静脈にできた血栓がはがれて肺動脈に流れ込むことによって起こります。

この疾患は加齢や肥満とともに

点滴時の大量の空気混入や長時間同じ姿勢で座っていたりすることが

原因で起こる場合もあります。

急激な呼吸困難や咳、血痰、胸の痛みなどの症状があらわれたり

血圧が低下してショック状態になり突然死することもあります。

 

肋間神経痛

 

肋間神経痛は体の左右どちらかの肋骨に沿って激しい痛みを感じる疾患です。

痛みは数秒から数分間続きます。

肋間神経痛は、変形性脊椎症などの脊椎や脊髄の疾患、

帯状疱疹の感染時や治癒した後の後遺症として起こることがあります。

 

自然気胸

 

前触れもなく突然発症します。

呼吸をしても大きく息が吸いにくい感じがします。

呼吸困難、酸素飽和度の低下、動悸、咳、頻脈などがみられ、

発症初期には、肩や鎖骨辺りに違和感、背中の鈍痛、胸痛がみられることもあります。

20代前後、60歳代のやせ型の人に多くみられます。

 

日常生活でできる胸の痛みの予防

 

塩分、糖分、脂肪を控え、早食いをやめる

 

塩分、糖分、脂肪のとりすぎは動脈硬化に繋がっていきます。

外食では、脂肪の多い肉類をさけたり、薄味のものを選んだり、

ご飯をいつもより少なめにするなどの工夫をしましょう。

また、いくら栄養に気を付けていても

早食いや、ながら食い、食べすぎてしまうと

食事の脂肪摂取や摂取エネルギーは増加し

肥満を招いたり、心臓に大きな負担をかけ動脈硬化の危険性も増します。

食事はゆっくり、よく噛んで食べるようにしましょう。

 

心臓に負担をかけないような運動をする

 

適度な運動は、血液の循環をよくし心臓への負担を軽くします。

しかし、準備運動をせずに運動をしたり

水分をまったくとらなかったりすると心臓に悪影響を及ぼします。

特に、普段運動をしない方は激しい運動は避け

ウォーキングなどで徐々に体を慣らしていくようにしましょう。

 

急激な寒暖差に気を付ける

 

急激な温度変化があると心臓に大きな負担がかかります。

夏に暑い戸外から冷房の効いた室内に入るときや

逆に冬の暖房の効いた室内から外に出るときなども

温度差が出すぎないよう衣類などで調整しましょう。

冬には、浴室、脱衣所、トイレなどを温める工夫も必要です。

 

アルコール、香辛料を控える

 

刺激の強い、アルコールや香辛料は胃酸の分泌を促進し

胸やけによる胸の痛みの原因となります。

胸やけが起こりやすいという方は、アルコールや香辛料を控えましょう。

また、食事は3食規則正しくとり、食後30分はゆっくり休むことも

胃の負担を減らすためには大切です。

 

ストレスを溜めない

 

仕事のプレッシャーや時間に追われる緊迫感などの

ストレスは心臓に負担をかける原因になります。

ストレスや疲労が蓄積しないよう、無理のないスケジュールを立て

時間にゆとりをもって行動しましょう。

また、睡眠を十分にとることと、好きなことをする時間をもつことも大切です。

 

おわりに

胸の痛みについて疾患をメインに書いて来ましたが、単なる血行不良による痛みの場合も多く見られます。

血行不良によるもの外傷性のものや神経痛の場合整骨院で施術できます。

胸に痛みを感じたら我慢せずに一度ご相談ください。

 


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓便利なLINE予約はこちら

取手市くまもと整骨院 友達追加

股関節の痛み

2019/10/07

股関節の痛み

 

股関節の痛みの原因には、子供の頃の股関節脱臼や

臼蓋形成不全といった障害によるもの、外傷性の捻挫や血行不良によるもの、

骨折や加齢によるものなどがあります。

骨折以外の症状は、徐々に進行し痛みのために

歩行が困難になることもあります。

 

取手市くまもと整骨院 股関節の痛み

外傷が原因の股関節の痛み

 

股関節の骨折の起こりやすさは

病気の有無、年齢、性別などの要因によって変わってきます。

50歳を過ぎると股関節骨折を負う可能性が高くなり

5~6年が経過するごとに倍増すると言われています。

骨は加齢とともに弱くなっていきますが

この傾向は骨粗しょう症が多い女性で特にみられます。

骨粗しょう症とは骨がもろくなる病気で、

60歳代では2人に1人、

70歳以上になると7割の女性が罹ってしまいます。

日本には1000万人以上の骨粗しょう症患者がいると推定されていますが

そのうちの3割が女性と言われています。

また、背中の痛みや腰痛といった症状以外

自覚症状が少ないのも特徴です。

骨粗しょう症になると転倒するときに骨折する確率が高くなります。

股関節骨折全体の約90%が転倒によるもので

女性が生涯に股関節骨折を負う確率は、男性の2倍~3倍と言われています。

 

変形性股関節症

 

股関節の軟骨が加齢や摩耗によりすり減ることで起こります。

股関節が浅い臼蓋形成不全や

子供の頃からの先天性股関節脱臼の後遺症などが原因となることが多いですが

加齢によって軟骨が減ってしまう事が原因になることもあります。

症状としては、歩くときなどに股関節が痛み、

股関節の動きが制限されるようになります。

痛みが強い場合は、人工股関節置換術や骨切り術を行うことがあります。

 

臼蓋形成不全

 

股関節にある臼蓋部分が、発育が不良で小さく、

骨頭を十分におおうことができない状態なために

股関節に痛みを生じるのが臼蓋形成不全です。

変形性股関節症のほとんどは臼蓋形成不全が原因で発症します。

体重の数倍の力がかかる関節なので

臼蓋の面積が狭いと、接触面に集中的に力が加わることになり

軟骨がすり減ってしまいます。

その結果、股関節が変形し炎症が起きてしまうのです。

 

 

大腿骨頭壊死症

 

大腿の骨頭部分の血流が悪くなり、

骨の細胞が死んでしまう病気です。

アルコールの飲酒量が多い方や他の病気の治療で

ステロイドを大量に服用されている方の発生率が高くなりますが

発症の原因が不明なこともあります。

症状としては、変形性股関節症の方と同様ですが、

壊死が進行すると、大腿骨の骨頭や股関節が変形し痛みが強くなります。

痛みが強い場合は、人工関節置換術を行うことがあります。

 

子供の股関節の痛み

 

ペルテス病

約1歳半~骨が成熟するまでの間に発症した大腿骨頭の血行障害により生じる壊死の事をペルテスと言います。

ペルテス病の原因は未だ明らかではなく、治療は症状の重症度や脚長差などを見て保存療法又は手術を行います。

 

大腿骨頭すべり症

10代前半の肥満体系の男子に多く発症する大腿骨の骨端線(成長部分)の所で大腿骨頭の上の部分が後方にずれる病気で5分の1の確率で両側に発症します。

初潮後の女児には殆ど見られません。

症状はまず股関節の硬直が起こり安静にすると軽減する。その後歩き方が崩れ太ももの内側から膝にかけて放散する股関節痛が起こります。しかし中々症状が現れないこともあり発症するころには悪化していることが多く、初期では症状が出ない為見過ごされることも少なくありません。

症状は一般的に進行していくため診断されたら直ぐに手術が必要です。

 

股関節痛のケア

 

股関節周辺の筋肉を強くする

 

筋力トレーニングを行い股関節の周りの筋肉を強化すると

股関節の痛みを緩和することができます。

 

水中運動

 

水中では浮力がかかるので、股関節に負担をかけずに

筋肉を鍛えることができます。

しかし、水中運動は心臓に負担がかかったり、

自己流で行うと股関節の痛みが悪化したりと逆効果になることもあります。

水中運動を行う時は、専門の人の指導を受けてから行いましょう。

 

生活習慣を改善する

 

正座する機会が多い和式生活から

椅子やソファに座る洋式生活に替えることで

股関節への負担を軽減できます。

 

整骨院での治療

 

股関節周囲の筋、筋膜を緩め股関節を調整し股関節の動きをスムーズにしていきます。

それにより負担が軽減し血行が良くなることで回復が早まります。

また、くまもと整骨院では深部まで届く特別電気治療やテーピングをして更なる改善を目指します。

 

おわりに

股関節の痛みについて書いていきましたが整骨院で相談を受ける股関節痛はしっかり治療をすれば改善がみられるものが殆どです。

しかし股関節の痛みを放っておくと時に重大な疾患が隠れていることもあるので股関節に痛みを感じたら我慢せずに早期に受診することをお勧めいたします。

まずはお気軽にお電話でご相談ください。


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓予約に便利なLINE@

取手市くまもと整骨院 友達追加

手首の痛み

2019/09/28

手首の痛み

こんにちは!

柔道整復師の熊本です。

よく使う部位である手首の痛みは、生活、仕事、家事、勉強などあらゆる場面で不自由を感じやすい症状と言えます。

手首の痛みにはどのようなものがあるのでしょう?

 

取手市くまもと整骨院 手首の痛み

 

 

ケガによる手首の痛み

 

骨折・脱臼・捻挫など外傷性の痛み

 

患部に外傷性の強いストレスがかかった時に生じる痛みで

骨折の場合、手首やその周囲の骨が折れると通常は強い痛みや腫れがありますが

高齢者の方の場合、骨粗しょう症で骨がもろくなっていることが多いため

少しの衝撃で折れることがありますので注意が必要です。

また骨折していても関節内の骨折の場合腫れがでないこともあり捻挫と見誤ることもあります。

転んで手をついたなど手首周辺に怪我をしてしまった場合は早期に当院にご相談ください。

 

ケガ以外の手首の痛み

 

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

 

腱鞘は指だけではなく手首の親指側にもあり

ここで起こる腱鞘炎を「ドケルバン病」といいます。

手をよく使う人や、妊娠出産期の女性、更年期の女性に多いと言われています。

最近では、スマホの使い過ぎによる発症に注意が必要だと言われています。

症状は手首の痛みや腫れで

親指を広げたり、反らしたり、動かしたりすると強い痛みが出ます。

 

ばね指

 

腱鞘炎が進行するとばね指という症状が起こることがあります。

腱鞘が厚くなったり、硬くなったりすると

通り道が狭くなって腱の通りが悪くなり、

こすれて腱の一部にも炎症が生じて腫れてしまいます。

すると腫れた腱の部分が腱鞘に引っ掛かり

指がスムーズに曲げ伸ばしできなくなるのです。

さらに指を動かそうと強い力を加えた時に腱の腫れた部分が

カクンとはねるように腱鞘を通過してばね指が起こります。

 

 

キーンベック病(月状骨軟化症)

 

手首の関節にある月状骨という丸い形の骨が

血行不全により壊死し、つぶれてしまい

痛みや握力低下などの症状が現れる疾患です。

骨折や手の使い過ぎで起こりやすくなると考えてられています。

また、職業的に手をよく使用する青壮年男性や

高齢の女性にもよくみられる疾患です。

 

ガングリオン

 

関節の周辺に米粒大からピンポン玉くらいの

ゼリー状の物質が詰まったようなできものが出来る病気です。

神経の近くにできると、痛みやしびれ、動きにくさにつながり

筋肉の腱の近くにできると動きの妨げになり

手首にできることが多いと言われています。

 

 

 

日常生活上でできる対処法

 

手指の使い過ぎを防ぐ

 

腱鞘炎は手指を動かす腱鞘に過度な負担をかけることが原因ですので

使い過ぎないことが予防の第一歩です。

長時間の継続的な作業はなるべく避け、

ときどき休憩をはさみ、ストレッチなどを行いましょう。

キーボードを打ったり、マウスを操作する際は

手首の固定をするサポーターや、手首の負担を軽減するクッションなどの

グッズを活用するのもよいでしょう。

スマホを操作するときは片手だけではなく両手を使うなど

一部に負担が偏る動作を続けない工夫をしましょう。

また、産後の女性は抱っこやおむつ替えなど

赤ちゃんのお世話で休まず手指を使うため腱鞘炎になりやすいです。

家族と分担したり、手首に負担のかかりにくい抱っこの姿勢などを工夫するとよいでしょう。

 

おわりに

手首は日常的によく使う部位です。

身体の動きにも深刻な影響を与える可能性があるため

異常や痛みを感じたら早期に治療を開始することが大切です。

手首周辺に痛みを感じたら我慢しないでまずは一度お電話でご相談ください。


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓予約に便利なLINE@

取手市くまもと整骨院 友達追加

背中の痛み

2019/09/03

背中の痛み

背中の痛みとひとことで言っても、

みぞおち周辺の背中側が痛むものや、

胸の背中側が痛むものなど広い範囲に及びます。

背骨や肩甲骨の動きが制限されていたり筋肉痛や背中のこりなどからくるものが多く、

整骨院で施術をすれば緩和する症状ですが、中には脊椎や内臓の疾患によるものや

重大な疾患に繋がるものもあります。

 

 

日常生活から考えられる原因

 

長時間同じ姿勢でいることによる筋肉の緊張と疲労

 

長時間座ってパソコンに向かっていたり、中腰や立ちっぱなしなど、

無理な姿勢を続けると背中の筋肉が緊張してしまいます。

そして、時間の経過とともに筋肉が疲労し、血行が悪くなり

背中に痛みやコリを引き起こします。

 

過剰な運動や無理な負担

 

過度の運動により筋肉が疲労、緊張することで

背中の筋肉が痛みを引き起こします。

また、背中に無理な力がかかるような動作を行うと

急性の背部痛を招くことがあります。

 

背中の痛みの原因となる骨や関節の病気、ケガ

 

椎間板ヘルニア

 

骨と骨をつなぐ椎間板に亀裂ができ、

中の椎間板組織の一部が飛び出し神経を圧迫することで起こります。

背骨のどこでヘルニアが起こっているかにもよりますが

背中や腰の痛み、手や足のしびれなどの症状があらわれます。

若い人にも多く、動くと背中~腰、足の激痛とつっぱりで

動けなくなることもあります。

 

頸椎捻挫

 

スポーツの激しい衝突や、車の追突などで

首がのけぞり、頸椎が捻挫している状態のことです。

むち打ち症とも呼ばれます。

首が動かしにくい、肩や首が痛むなどの症状があらわれ

損傷がひどい場合は痛みが治まった後も

後遺症として、吐き気、頭痛、耳鳴り、倦怠感に悩まされることもあります。

 

変形性脊椎症

 

長年の負担によって椎間板が変性し、神経の通り道である背骨の脊柱管が狭くなり

神経を圧迫するために起こります。

安静時には症状が軽い場合が多く、

歩き続けると下肢の痛みやしびれが生じて

動けなくなることもあります。

立ち止まって休むと症状が緩和し、歩き出してしばらく経つと

悪化するといった状態を繰り返すのが特徴的です。

 

骨粗しょう症による圧迫骨折

 

圧迫骨折は背骨に強い力がかかった時に起こりますが

骨粗しょう症という病気によって起こることが最も多いと言われています。

骨粗しょう症は、骨がもろくなる病気で、

ホルモンバランスが崩れる閉経後の女性に特に多く、他にも

年齢、喫煙、運動などの生活習慣に関りがあります。

日常の些細な動きで骨折を起こしやすくなったり、

自分の体重を支えきれず骨折してしまうことがあります。

 

急性腰痛症(ぎっくり腰)

 

急性腰痛症は何らかの動作をきっかけに突然腰が痛くなります。

重いものを持ち上げる機会の多い方や

普段運動をしない方に起こりやすいとされています。

主な症状は、腰や背中を中心とした痛みです。

ひどい場合には動けなくなることもあります。

 

急性腎盂腎炎

 

腎や腎盂の組織が最近に感染して起こります。

尿中の白血球が増えるため尿ににごりが生じるほか

血尿、悪寒を伴う高熱、背中から腰にかけての痛み、

吐き気、嘔吐などがあらわれます。

さらに、排尿の回数が増えたり、排尿時に痛みが出ることがあります。

女性に多く、妊娠中の方に多いのも特徴です。

 

帯状疱疹(帯状ヘルペス)

 

帯状疱疹とは、体の中に潜伏していた水ぼうそうウイルスが

再び活性化することで起こります。

激しい痛みを伴う小さな水膨れが体の片側の胸部の

肋間神経に沿って現れ、背中やお腹にできることもあります。

3週間ほどで治まりますが、

帯状疱疹が治っても顔、胸、背中などに

神経痛が残ることもあります。

 

尿管結石、腎臓結石

 

尿酸や、シュウ酸などの塩類が結晶化して石のように固まり

尿管や腎臓に溜まる疾患です。

尿管結石では吐き気、嘔吐、冷や汗を伴う激しい痛みが腹部や背中にあらわれます。

その他に、尿のにごり、血尿、残尿感などを引き起こします。

腎臓結石では、背中、下腹部、脇腹に鈍痛があらわれます。

 

胆石症

 

脂質の消化を助ける胆汁が固まり、

胆のう、胆のう管、総胆管に胆石ができると

みぞおち辺りの痛みが強くなります。

背中や右肩に響くような痛みが出るのが特徴で

吐き気、嘔吐、発熱などもみられます。

また、胆汁の流れが悪くなり

尿の色が濃くなったり、黄疸がおきて顔が黄色になったりします。

中年以降の肥満の人に起こりやすい傾向があります。

 

狭心症、心筋梗塞

 

狭心症は、心臓の筋肉に血液を送り込むための血管が

動脈硬化によって狭くなり、血流が不足して

心臓が一時的に酸素欠乏状態に陥ってしまう疾患です。

動悸や呼吸困難といった発作が起こります。

また、心筋梗塞でも、不整脈による息切れや、動悸が起こることが多くあります。

どちらの疾患も、胸に痛みが起こり、左肩や背中にまで痛みが

広がることがあります。

 

日常生活でできる予防法(病気以外の場合)

 

姿勢に気を付ける

 

長時間同じ姿勢をとり続けると筋肉が緊張してこるため

背中に痛みを感じやすくなることがあります。

パソコンなどのデスクワークで座り続けることの多い人は

椅子に深く座り、背骨を伸ばし、膝、足首が90度になるように

椅子の高さを調整するなど、姿勢に気を付けましょう。

また、寝るときの枕も高すぎると

背中の筋肉に負担をかけてしまうので注意しましょう。

 

ストレッチをする

 

座り仕事や立ち仕事が続くと

背中の筋肉が緊張してコリを感じます。

肩や、首を大きく回したり、手を上に上げて体を伸ばしたりするなど

簡単なストレッチを数時間ごとに行うことで

筋肉の緊張が和らぎます。

 

ぬるめのお風呂にゆっくりとつかる

 

40℃前後のぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで

血行がよくなり、背中の筋肉のコリや疲れを改善することができます。

入浴中に背中を伸ばすとさらに血行の改善の効果があります。

しかし急に痛みが出た場合、強い痛みがある場合は炎症を起こしていることが多いので、触ってみて周りより厚くなっている場合は入浴はさけて逆に氷水などで10分~15分ほど冷やしましょう。

 

おわりに

 

背中の痛みは放っておくと痛みが長引き癖になる場合があります。

重大な病気が潜んでいる場合もあるので痛みを我慢せずに早期に当院にご相談ください。

予防をしていても背中の痛みを繰り返してしまう方は根本治療が必要です。

負担のかかりにくい身体を作るには当院の全身姿勢矯正がおススメです。

 

背中の痛みは取手市のくまもと整骨院にお任せください。

 


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓予約に便利なLINE@

取手市くまもと整骨院 友達追加

 

 

2019/07/26

こんにちは!

くまもと整骨院院長の熊本です。

 

スタッフ紹介にも記載してある通り僕の趣味は家庭菜園や花の手入れです。

 

元々花が好きだったわけでは無いのですが患者様に花を頂いた事で花に興味を持ち、知識が無かった僕はそれを枯らせてしまったのがショックでYouTubeや本などで花の手入れの仕方を勉強しました。

 

花の手入れをしているうちに手をかければかけるほど綺麗に咲いてくれる花が好きになり、今では家では野菜を整骨院では花を育てることが楽しみになっています。

 

店の前で手入れをしていると沢山の方が声をかけてくれます。

「いつも綺麗ですね」

「お店の前を通ると元気が出ます。ありがとう」

など嬉しい言葉を沢山いただけるようになりました。

 

花の盗難に遭ってしまった時も近隣の方が注意して監視して下さったり、整骨院が長期休暇に入った時は僕の代わりに水をあげてくれる方がいたり、地域の方のご協力があって綺麗に保てています。

寄せ植えの中には患者様や近所の方から頂いた花も沢山あります。

皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

施術中も患者様から体の相談だけでなく花のことや、害虫駆除の方法、土の配合の仕方などの相談もしていただけるようになりました(‘ω’)ノ

 

今年は長い梅雨の影響で失敗したことも多々ありましたが、院の前にある花の紹介をさせてください。

 

取手市くまもと整骨院 日日草

整骨院の入り口にずらっと並んでいる白とピンクの花は『日日草』です。

毎日花が落ちては新しい花を咲かせます。

これから切り戻しを繰り返してプランターいっぱいに横に広げていこうと思います。

 

取手市くまもと整骨院 ピンクの寄せ植え

うっかり僕の影が入ってしまいましたが、ペチュニアジニアなどのピンクの花の寄せ植えです。

画像だとわかりにくいかもしれませんが手前の葉っぱもピンクの『』が入っています。

 

取手市くまもと整骨院 黄色の寄せ植え

今度は黄色い花の寄せ植えです。

うーん。いまいち花数が少ないですね(~_~;)

連日の雨で日照時間が短いせいでしょうか?

これからの天気に期待です。

 

取手市くまもと整骨院 外観花

エステサロンLUXEの入り口(締め切りなので整骨院からお入りください)前の寄せ植え達です。

 

手前のプランターの左側の白と黄色のグラデーションが綺麗な花はガザニアカナリアスマイルという品種です。

隣の黄色くて小さい花はペチュニアの仲間だと思いますがスーパーベル レモンスライスという品種で白のストライプが入っていて名前の通りレモンを輪切りにした断面の様な模様の花です。

その右隣のオレンジの花はジニアです。

 

その奥にある白い2つの植木鉢にはポーチュラカが植えてあります。

画像左側の鉢にはピンクオレンジローズの3色の一般的なポーチュラカを寄せ植えにしてあります。

画像右側の鉢には1輪だけ大きいピンクの花が咲いていますね。

これも同じポーチュラカですが巨大輪の品種で松葉牡丹と呼ばれるものです。

 

この辺りの花は日中は開いているのですが日が落ちてくると閉じてしまいますので夜に通院されている方は残念ながら見ることが出来ません。

 

取手市くまもと整骨院 花ウサギ

 

最後はこちらの写真

お子様たちに大人気のウサギさんがいますね(^^♪

手前の鉢にはペンタスジニアゼラニウムなどの赤やピンクの花が植えてあります。

奥のウサギさんの所には、カラフルなカラートウガラシブラックパールという品種の唐辛子が植えてあります。

ハロウィン辺りまでは実をつけさせて、終わったら球根類を植えようと思っています。

 

写真はありませんが他にもひたち海浜公園で有名になった秋になると綺麗に紅葉するコキアなども植えてあります。

 

今植えてある草花は夏が大好きな花が多いです。

これからますます花を付けてくれると思います。

 

整骨院の前を通った際は是非足を止めてご覧になってください。

 

取手市の交通事故・むちうち治療は綺麗な花が目印のくまもと整骨院にお任せください!


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓予約に便利なLINE@

取手市くまもと整骨院 友達追加