取手駅すぐ。骨盤・姿勢矯正・むちうち・交通事故専門治療|接骨院・整体・マッサージ

TEL0297-71-5585

〒302-0024 茨城県取手市新町2-2-16
ルックハイツ取手第一 101号室
〈診療時間〉9:30~12:00/15:00~21:30
〈休診日〉水曜日

肘内障 | 取手市くまもと整骨院

2018/11/06

肘内障(ちゅうないしょう)

こんにちは! 柔道整復師の熊本です。

今日は、小さい子どもによく見られる「肘内障」 についてお話していきたいと思います!

取手市くまもと整骨院 肘内障

肘内障とは

子供に起こる肘の亜脱臼の事です。

肘の脱臼というよりも肘関節の骨と骨をつないでいる輪状の靱帯から骨がはずれたり、ずれてしまった 状態のことをいいます。

肘内障の多くは5歳未満の子どもに見られます。

 

肘内障の発生機序

子どもの手を急に引っ張ったりした後、子どもが痛がって 腕を動かさなくなってしまった。 この場合のほとんどが、「肘内障」を疑います。

主に、子どもの手を強く引っ張ったり、手を持って振り回す遊び などをしたときに起こりやすいのですが、自分で不自然な体勢で 腕を捻ったときや、肘を体の下にして寝ていて起こる事もあります。

実際に当院で整復した患者様の事例は

 

・服を着替えさせている最中に急に泣き出し腕を使わなくなった。

・寝ていて起きたら腕をだらんと垂れていて、動かそうとしたら泣き出した。

・戦いごっこをしていてパンチを打った瞬間に急に泣き出し腕を使わなくなった。

 

など意外と簡単に肘は抜けてしまいます。

 

肘内障の症状

腕を痛がり だらんとしたまま動かさなくなります。

抜けている側の手でバンザイしたり、ちょうだいちょうだいすることができなくなります。

よく肩の脱臼と間違えやすいのですが、 肩を触ったりしても痛がらなければ肘内障と考えてよいと思います。

 

肘内障の予防

 寝ている間や気づかない間に負傷することも多いので完全には防げませんが、腕を引っ張る際に一度名前を呼ぶなどして注意を引き付けることで肘が抜けにくくなります。

他に気を取られている時は腕の筋肉が緩んでしまうので抜けやすいです。注意を引き付けることで筋肉を収縮させ、無意識に引っ張られる準備をするのです。

 

肘内障の治療

ごくまれに入りにくい場合もありますが、ほとんどの場合関節を正しい位置に戻すことで一瞬で症状が消失しますのでご安心ください。

肘内障は、整復した後は固定の必要もなく普通に過ごして大丈夫なのですが、一度肘内障を起こすと再発することが多いので、子どもの手を強く引っ張らないようにするなどの注意が必要です。

 

おわりに

急に痛みを訴え泣き出すのでびっくりするかも知れませんが、肘内障は良く起こることです。

まずは慌てずに患部を安静にして下さい。

肘内障は殆どの場合整骨院で直ぐに治ります。

もちろん健康保険もマル福などの医療助成券も使えますよ!(お子様が字を書くことが困難だと思われますので印鑑をお持ちください。)

もしもお子様が急に腕を動かさなくなったなど、ご心配や ご不安などがございましたら、一度お電話でご相談ください。

お子様連れの方へ


くまもと整骨院 

0297-71-5585

便利なLINE予約↓

取手市くまもと整骨院 友達追加