取手駅すぐ。骨盤・姿勢矯正・むちうち・交通事故専門治療|接骨院・整体・マッサージ

TEL0297-71-5585

〒302-0024 茨城県取手市新町2-2-16
ルックハイツ取手第一 101号室
〈診療時間〉9:30~12:00/15:00~21:30
〈休診日〉水曜日

交通事故

自転車の事故

2019/06/03

こんにちは!

くまもと整骨院の院長の熊本です。

 

一部地域、自治体によっては自転車保険の加入が義務化されたり

傘をさしたままの運転がルール違反になるなど『自転車の事故に対する対策が強化されてきています。

 

たかが自転車の事故と思って軽視していると後から痛みが出て保証されなくなったり

思わぬトラブルを引き起こすこともあります。

はじめに言っておきますが、自転車と車の事故はもちろん、自転車同士の事故、

自転車と歩行車の事故でも『むち打ち』は起こります

強くぶつかったり転倒した場合は骨折脱臼などのケガもしてしまいます。

しっかりと手続きをして早期に治療を開始することが大切です。

 

では実際に自転車で事故に巻き込まれてしまった時、どのように対処すればよいのでしょうか?

取手市くまもと整骨院 自転車と歩行者の事故

 

自転車事故について

自転車は道路交通法で『軽車両』に分類されるので、スピード違反の対象にもなりますし、

事故を起こしてしまったらそれは立派な交通事故です。過失割合に応じて損害賠償も請求されます。

そんな時守ってくれるのが『自転車保険』です。

単独で自転車の保険に加入していなくても自動車の保険に自転車事故の補償がついている場合がありますので契約内容を確認しましょう。

また相手のいる事故の場合必ず連絡先を控えておきましょう

後から痛みが出て来ても治療費や慰謝料の請求先が分からず泣く泣く自費で賄うことになってしまいます。

事故後は警察を呼び、たとえ痛みが無くても医療機関でしっかりと診察を受けましょう

可能であれば受診前に保険会社に連絡しておくと病院での対応がスムーズになります。

 

 

自転車と自動車の事故

相手が自動車の場合『自賠責』を使って治療を受けることができます。

自賠責保険とは車を運転していて加害者になってしまった場合被害者を救済するための保険なので相手が自転車や歩行者でも適用になります。

 

自転車と自動車の事故で多いケースは交差点での巻き込み事故出会いがしらの事故です。

取手市くまもと整骨院 自転車と車の事故

当然ですがこの場合ほとんどのケースで自転車側の方が被害が大きくなります

車は車両の凹み程度で済むことが多いのですが、自転車側に起こりやすい症状としては様々な部位の骨折、脱臼や捻挫、全身打撲、頭部が強く振られるのでむち打ちになることも多いです。

また脳や内臓を損傷している可能性もあるので必ず早期に病院に行きましょう

 

これだけ症状に差があったとしても必ずしも車が100%悪いわけではありません。

自転車側にも過失がある場合その割合によって治療費や慰謝料が減額されてしまいます。

これを『過失相殺』と言い、被害の大きい自転車側は特に過失割合が重要になってきます。

例え自分が金額にして500万円の被害を受けたとしても過失が2割あると過失相殺により保険金額は400万円になってしまいます。

過失割合は複雑な算定基準の基づいて基本的には保険会社同士の話し合いで決まります。

 

弁護士に依頼することで過失割合が変わることもあるので、被害が大きい場合は相談してみることをお勧めします。

その際に発生する費用は弁護士費用特約により支払われることがありますので、

自身や同居している家族の自動車保険や火災保険などの契約書を確認してみましょう。

 

 

自転車同士の事故

自転車同士の事故の場合自賠責の適用になりません

自転車単体で保険に加入していなくて、自動車保険に加入している場合は契約内容を確認しましょう

特記事項欄に自転車での事故も含まれていることが記載されている場合があります。

 

自転車同士の事故では側面からの衝突正面衝突などが考えられます。

ママチャリと呼ばれるタイプの自転車でも平均時速10~15㎞出ているとされています。

この自転車同士が正面からぶつかった際に2~3Gの負荷が体にかかると考えられます。

これはむち打ちを引き起こすには十分な力で更に転倒し骨折や打撲などのケガも負います。

早期に受診し適切な治療を受けましょう。

 

相手とトラブルになりそうな場合は弁護士に依頼しましょう。

 

 

自転車と歩行者の事故

自転車同士の事故と同様に自転車と歩行者の事故も自賠責の適用になりません

自転車単体で保険に加入していなくて、自動車保険に加入している場合は契約内容を確認しましょう

特記事項欄に自転車での事故も含まれていることが記載されている場合があります。

 

自転車同士の事故にも共通して言えることですが、自転車と歩行者の事故ではお互いに保険に加入していないケースが多く、加害者側に支払い能力がない場合損害賠償を請求できなかったり示談ができない場合があります

また相手が子供である可能性もあります。

この場合必ず親権者に対して代わりに損害賠償を請求できるわけではありません。

子供に責任能力がない場合親権者に責任があるとされていて、おおよその責任能力がない子供とは小学生くらいまでを言い中学生くらいからは責任能力があるとされています。

したがって中学生以上の未成年との事故を起こしてしまうと親権者に請求できることは難しくなり、しっかりと補償を受けられなくなってしまいます。

 

自転車と歩行者の場合自転車の不注意や歩行者の飛び出しによる接触事故が多くなります。

歩行者は生身なのでハンドルなどでカットしてしまうこともあり、転倒することも多いので骨折などの外傷を負います。

頭部が降られた場合はやはりむちうちになることもあります。

軽症で済むことも多いのですが、打ちどころによっては死亡事故になる可能性も無くはありません。

 

 

整骨院での治療

手術が必要な重症の場合や出血を伴う外傷以外は殆ど整骨院で治療ができます。

まずは整形外科でしっかりと診断を受け、整骨院と併用して通院することをお勧めします。

医師により事故によって怪我をしたと認められなかった部位は補償の対象にはなりません。

後から痛みが強くなる場合がありますので、今は大したことなくてもしっかりと診断を受けましょう。

また、骨折や脱臼の治療を整骨院で受ける場合は応急処置を除き医師の同意が必要です。

口頭でも構いませんので、同意をもらった日、病院名、医師の名前を控えておきましょう。

 

くまもと整骨院では骨折、脱臼の整復固定の他、怪我の回復を早めるための施術を行っております。

むち打ちには特別電気治療テーピングを首や胸に張ることで症状が和らぎ回復力が高まります。

 

 

おわりに

自転車の運転は少しの不注意で凶器になったり自分自身が命を落としてしまうこともあります。

誰も今から事故に遭おうと思って出かけているわけではありません。

100%事故に遭わない人は一人もいないのです。

万が一の時に備えて事故の時の対処方法を確認しておきましょう。

怪我をしてしまった時に身体は痛いのに補償を受けられなかったがために我慢せざるおえないケースを沢山見てきました。

自転車保険は月に100円強、年間2000円弱で加入できます。

自転車に乗る方は自分や相手を守るため自転車保険の加入をお勧めいたします

万が一交通事故に遭ってしまった際は是非一度当院にご相談ください。

 

交通事故治療


くまもと整骨院

0297-72-5585

↓予約に便利なLINE@

取手市くまもと整骨院 友達追加

首の痛み

2019/03/18

首の痛み

首の痛みには、病気が原因のものと

病気以外の原因のものがあります。

取手市くまもと整骨院 首の痛み

病気が原因の首の痛み

 

頚椎症

 

頚椎の間にあるクッションのような軟骨が椎間板です。

加齢に伴って椎間板などの頚椎構造に変性が生じ

頚椎を通る神経が圧迫されることで

首、肩、手てに痛み、しびれ、力が入らないといった

症状が起こります。

 

頚椎椎間板ヘルニア

 

頚椎の間にある椎間板が神経の通っている

脊柱管内へずれ神経を圧迫します。

飛び出た椎間板が神経を圧迫することで

首や肩、手の痛み、しびれ、力が入りにくいなど

頚椎症と似た症状を起こします。

 

後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症

 

首の骨を支えている靭帯が分厚くなり骨化が生じることで

神経根や脊髄を圧迫する病気です。

手足の動きが不自由になったり、しびれが起こります。

 

胸郭出口症候群

 

首を通る脊髄は枝分かれして、腕へと続いていきます。

この腕へつながる神経が通る首の付け根から

鎖骨周囲のスペースには筋肉、骨、太い血管が密集していて

生まれつきの構造や、なで肩などの体格によって

神経が押され、首や肩、腕のしびれや痛み、動かしにくさが起こります。

洗濯物を干す、つり革をつかむといった腕を上げる動作の際に

痛みが悪化することがあります。

 

病気以外の原因

 

外傷性頚部症候群、頚椎捻挫

追突事故などで頭部が強く振られ頸部に強い負担がかかった時に生じる怪我です。

首の骨は頚椎がつながってできています。

骨のつなぎ目である関節に強い力がかかると

骨をつないでいる筋肉や靭帯が引き伸ばされ、

切れたり、伸びすぎたりします。これが捻挫です。

頚椎捻挫が起こると

レントゲンを撮っても異常がないのに

長期間にわたって痛み、めまい、頭痛、手の痺れなどの症状が

続く場合があり、外傷性頚部症候群とも呼ばれます。

 

姿勢

 

椅子に浅く座って反り返った状態や

逆に猫背で前かがみの状態で正面を見ると

頭の重みを支える為に首にかかる負担が大きくなります。

 

PC・スマホの見すぎ

 

集中しながら作業を続けていると

無理な姿勢を長い時間続けてしまいます。

長い時間続けていると、

肩や首の血液の流れが悪くなり

痛みやこりを引き起こします。

 

筋肉痛

 

運動や慣れない仕事をした後になった場合は

一番考えやすい状態です。

 

寝違え

 

不自然な姿勢で寝ることで

首に負担がかかるため起こります。

首から肩にかけての靭帯や筋肉などに

急性の炎症が起き、痛みや運動制限が

生じると考えられています。

 

首が痛いときは

 

まずは整骨院などの専門家に相談してみましょう。

日常においては姿勢や生活における注意が必要です。

パソコンの普及もあって

首の痛みを訴える人が増えており

その原因はよくない姿勢です。

この姿勢は頚椎には不自然な状態で

特にあごを突き出してしまうと

首が後ろに反り、首の筋肉や頚椎を緊張させます。

パソコン作業に限らず

テレビを見ているときや、デスクワークの時も

注意が必要です。

首に痛みを感じたらまずは一度お電話でご相談ください。


くまもと整骨院

0297-71-5585

便利なLINE予約↓

取手市くまもと整骨院 友達追加

捻挫

2018/11/10

捻挫

こんにちは!柔道整復師の熊本です。

今回は整骨院で治療を行う代表的な怪我『捻挫』についてです。

取手市くまもと整骨院 捻挫

簡単に言うと関節を挫く怪我で、捻挫って足首の怪我の事を言うって思ってる方も多いですが捻挫はあらゆる関節に起こります。

 

捻挫の定義

柔道整復では

関節の位置関係が一度ズレたものが自然に整復されたものとされていて、

一度脱臼した関節が自然にはまったものということになります。

 

しかし、整形外科では、

関節に起こる怪我で骨折や脱臼を除いたもの

つまり、関節を怪我しているがレントゲンで異常が見つからなかったものとされています。

 

共通して言えることは 関節は生理的位置関係を保っているが、関節を構成するなんらかの軟部組織を損傷している状態で、

広義の捻挫とは『関節に起こる軟部組織損傷』のことです。

 

軟部組織って?

軟部組織とは『生体における骨格を除いた支持組織』のことで、 皮膚、筋膜、腱、靭帯、脂肪組織、血管、筋、末梢神経などを言います。

軟骨はこれに含まれるか微妙とされていますが、関節軟骨は捻挫によって損傷を受ける組織の一つです。

 

捻挫の原因

捻挫を引き起こす外力は、主に関節の可動範囲を超える力が加わった時です。

足首の捻挫においては、足首を挫いてしまった時やジャンプをして着地に失敗した時など。

交通事故のむち打ち損傷では頭部が前後に強く振られ首の関節の捻挫(頸椎捻挫)を引き起こします。

他にも重い物を持ち上げた時、くしゃみをした時等には腰部の捻挫を引き起こします。

 

捻挫の治療

アイシングや手技療法、電気治療、テーピングなどで腫れを抑え一番治りやすい位置で固定します。

定義では自然に整復されたものとありますが、ほんの僅かに関節面のずれが残っている場合が経験上けっこうあります。

このズレを残したまま固定をしてしまうと治りが悪くなるだけでなく、関節に緩みを残し、再発しやすくなってしまいます。

当院では関節を正しい位置に整復してから固定をしております。

固定除去後は硬くなった関節や筋肉をストレッチし、必要に応じて周りの筋肉の強化を行います。

 

おわりに

捻挫の治療は、受傷後どれだけ早く正しい処置をしたかによって治るスピードが全く違います。

骨折かわからない場合でも対応できますので、怪我をしてしまったら是非一度くまもと整骨院にご相談ください。


くまもと整骨院

0297-71-5585

便利なLINE予約↓

取手市くまもと整骨院 友達追加

自動車保険について

2018/11/06

交通事故治療 ~ 自賠責保険・任意保険・労災保険の違いとは?

はじめに

こんにちは!柔道整復師の熊本です。

いつ、どこで、自分が加害者になってしまうかなんて、誰も知りえません。

それがいつも乗っている車、いつも通っていて慣れている道で事故が起きてしまうなんて、誰もが思いませんよね。

そんな風に思っていたとしても、起きてしまうのが交通事故です。

自分だけが気をつけていればいいことではなく、道を歩いている人や自転車、車椅子やベビーカーなど一人ではない人、杖をついていたり、手を繋いで歩いている子どもなどゆっくりと道を進む人など様々な人々が道を利用しているのです。

もし、自分が交通事故を起こしてしまって、物を壊してしまった、人にケガを負わせてしまった、はたまた人が死んでしまった、など取り返しの付かないことも多くあります。

いかなる時でも必ず警察に電話をして、なおかつ自分の入っている保険会社に連絡を入れましょう。

取手市くまもと整骨院 交通事故治療 ~ 自賠責保険・任意保険・労災保険の違いとは?

 

自賠責保険とは?

自動車やバイク、原動機付自転車などの運転には必ず加入しなければならない、損害保険会社が取り扱う“自賠責保険”という保険があります。

俗に“強制保険”とも呼ばれていて、加入が義務付けられているため、未加入の場合は1年以上の懲役または50万円以下の罰金、さらに免許停止処分となります。

この自賠責保険の証明書不携帯であっても、30万円以下の罰金となります。

この自賠責保険の正式名称は「自動車損害賠償責任保険」といって、事故が起きてしまった場合、被害者の救済を目的としていて、最低限の補償を受けられるのがこの保険です。

全労済やJA共済などの共済組合による“自賠責共済”も基本は同じ内容となっています。

特徴として、自動車などの運転中に他の人にケガを負わせてしまったり、死亡させてしまった場合の補償である「対人賠償」が対象であり、物にぶつかって壊してしまったなどの物損事故は対象外となります。

また、加害者が加入している損害保険会社に、被害者が直接、保険金を請求できます。

被害者の当面の出費に対する仮渡金も請求もできます。

1件の事故で被害者が複数いる場合でも、被害者一名ごとの支払限度額が決められているため変わりません。

事故による補償の限度額も決められており、傷害に対しては120万円まで、死亡による損害に対しては3,000万円までと設定されています。

 

任意保険とは?

自賠責保険の限度額が意外と少額で驚かれる方も少なくありません。

自賠責保険では補いきれない賠償を補償してくれるのが“任意保険”といいます。

あくまで任意であって、自賠責保険のように必ず加入しなければならない保険ではありません。

しかし、自賠責保険ではとてもカバーしきれないケースが多々あるため、この任意保険に加入される方も多くいます。

実際、自賠責保険では被害者に対する対人賠償のみで、相手がもし自動車であったらその修理代、民家や物を壊してしまったら修繕にかかる費用、加害者自身が負ってしまったケガの治療費などの補償はされていません。

よって、自賠責保険で補えない部分を補償するのが任意保険となります。

主に、被害者にケガや死亡させてしまった場合、自賠責保険の上限を超えた損害賠償を補償できます。

自賠責保険では補償されていない対物に対する補償、加害者側に乗っていた人へのケガや死亡は補償されます。

さらに、賠償能力が十分でない車による過失による事故に巻き込まれた場合、自らの責任で起こしてしまった自損事故、事故によって破損してしまった車両に対する修理費などに適用されます。

また、補償内容を充実させたり、必要だと思うものを限定して選択するなど「特約」が存在します。

 

労災保険とは?

業務中や通勤の最中に起こしてしまった交通事故は“労災保険”の対象となります。

仕事中はもちろん通勤も業務上に当たるため、会社に申請しましょう。

ただし、自賠責保険と労災保険を同時に利用することは基本的には出来ません。

管轄官庁が国土交通省の自賠責保険は交通事故による損害を補償し、厚生労働省が管轄している労災保険では業務上の損害に対して補償する保険であり、どちらも保険金は国から出ていることになります。

どちらの保険も支払う権利はありますが、二重の補償となってしまうため、基本的にはどちらか一つしか使うことが出来ません。

 

健康保険は使えない?

交通事故による治療で「健康保険は使うことができない」という噂が流れていますが、そんなことはありません。

たしかに健康保険を使えないケースとして、

・業務上の災害

・法令違反による負傷

・第三者の行為による負傷の3つが挙げられます。

一つ目の業務上の災害に関しては、労災保険が適用されます。

二つ目の法令違反による負傷というのは、無免許運転や酒酔い運転など法律を違反した結果に起きた事故によるもので違反となります。

そして三つ目の「第三者の行為による負傷」が交通事故にあたり、医療機関もこの解釈により、健康保険の適用を拒むケースがあるといいます。

実際には、保険医療機関が健康保険の使用を拒否することは出来ないので、通常通り適用することは可能です。 ただ、自賠責や任意保険を使える状況であえて健康保険を使うことはお勧めしません。

その理由として、 施術を受けられる部位に上限がある。

保険組合により施術が長期になってしまった際に健康保険を使えなくなることがある。

自賠責に比べ治療費が下がる為、高度な施術が受けられない。

などが挙げられます。

事故の相手が保険未加入だった場合や自分の過失割合が多い時等は、施術費を抑えるために健康保険を使うことをお勧めします。

また、以下は交通事故に限ったことではないのですが、怪我をしてから2週間以上経過した後に初診を受けた場合は健康保険を使うことが出来ませんので、こちらもご留意いただけれればと存じます。

 

おわりに

当院に通院されている患者様が疑問に思い、良くご質問いただく内容について書かせていただきました。

くまもと整骨院では、交通事故の治療に関して各種保険が適用できます。

交通事故による治療で来院された際はぜひご相談ください。

お電話でのお問い合わせも随時受け付けております。

お気軽にお電話ください。

交通事故治療


くまもと整骨院

0297-71-5585

便利なLINE予約↓

取手市くまもと整骨院 友達追加

労災(労働災害保険)

2018/11/05

労災(労働災害保険)

こんにちは!柔道整復師の熊本です。

今回は労働災害保険についてお話します。  

取手市くまもと整骨院 労働災害保険

労働災害保険(労災) とは

労働者が勤務中や通勤中にケガをしてしまった時に補償をしてくれる保険です。

これによって労働者は安心して働くことができます。

個人事業、法人問わず、人を雇用している以上(アルバイト含む)雇用主は労働保険(労災+雇用保険)に加入する義務があります。

くまもと整骨院も受付のスタッフに働いていただいてるので勿論加入しています。

 

労災を使うには?

勤務中や通勤中に怪我をしてしまったら速やかに職場の担当者に報告しましょう!

勤務中、通勤中に怪我をしてしまった場合、その責任は雇用主にあり、労災を使って補償をします。

会社の担当者の方から健康保険を使って通院するように言われたとしても健康保険を使うことはできません(健康保険組合でなく雇用主に支払い義務がある為)。

労災により、怪我の治療費や慰謝料などが支払われます。

 

労災を使うと職場の人に迷惑がかかる?

よくそのように思われがちですが、労働基準監督署からの回答はこうでした。

「労災を使うには労働基準監督署に連絡を入れるだけで、後の手続きは労働基準監督署の方でやります。 労災を使ったからといって雇用主、被雇用者共に支払う金額が上がることはありません。」

思っていたより簡単に使えそうですね。

 

労災を使えない場合って?

勤務中とはいえ就業規則を守っていなかったり、職務の遂行性のない時、通勤中に寄り道して通勤経路から外れた場所での事故の時等は自己責任となり、使えない場合もあります。

つまり、真面目に会社のルールを守って働いていたが不慮の事故で怪我をしてしまった。

そんな時は労災を使えるんですね。

車での通勤中、自分が加害者の事故を起こしてしまった時も労災の適応になります。

 

おわりに

もちろんくまもと整骨院も労災を使っての施術を行っております。

労災適応の場合は自己負担はありません。

痛みを我慢せずにしっかり治していきましょう!

当院は土日祝日も仕事帰りでも通える夜9時30分までの受付です!

勤務中、通勤中に怪我をしてしまったら、 是非一度当院にご相談ください。


くまもと整骨院

0297-71-5585

便利なLINE予約↓

取手市くまもと整骨院 友達追加