取手駅すぐ。骨盤・姿勢矯正・むちうち・交通事故専門治療|接骨院・整体・マッサージ

TEL0297-71-5585

〒302-0024 茨城県取手市新町2-2-16
ルックハイツ取手第一 101号室
〈診療時間〉9:30~12:00/15:00~21:30
〈休診日〉水曜日

ブログ - Part 8

  • HOME
  • ブログ - Part 8

変形性膝関節症

2018/11/05

変形性膝関節症

こんにちは 柔道整復師の熊本です。

今回は代表的な膝の疾患、変形性膝関節症についてお話をさせていただきます。

取手市くまもと整骨院 変形性膝関節症

変形性膝関節症とは

膝の関節内の軟骨がすり減って、 関節炎や変形を生じ、痛みを引き起こす病気です。

病気と言っても原因は物理的な要因がほとんどです。

膝関節にかかる負担が増えればこの症状を引き起こしやすくなります。

 

主な原因となるのは  

①膝に繰り返しかかる強いストレス

②膝関節を支える筋力の低下

③体重の増加

等が考えられます。

 

関節に水がたまる

よく関節に水がたまると言いますが、この水というのは 実は関節の動きをスムーズにするために分泌する潤滑液の役目を果たすものです。

膝関節の動きが悪い状態が続くとこの関節液が過剰に分泌し、中から圧迫されることで痛みを誘発します。

整形外科で関節液を抜く処置をすると、水が溜まりやすくなると思っている方も多いと思いますがそんなことはありません。

関節液を抜いても、関節の動きが悪い状態が続いているので また溜まるのです。

この水が溜まりやすい状態こそ膝にストレスが多くかかる状態です。

 

症状の経過

放っておけば症状は進行し、やがて骨同士が直接ぶつかるようになり、 歩行も困難になってしまいます。

症状が悪化してからでは治療が難しく、 人工関節置換術などの手術が必要となる場合があります。

 

くまもと整骨院での施術

当院では次の手順で施術を行います。

 

①炎症の進行を抑え回復力を高めます。

②膝関節の動きを改善し負担を軽減します。

③膝を支える筋力の強化をします。

④減量のためのアドバイスをします。(必要に応じ特殊な電気で減量をサポートします)

 

必要な方にはサポーターもお出しします。

サポーターは自分の症状に合ったものでなければ、筋力の低下を招き状態を悪化させてしまう場合もありますのでお選びの際には一度ご相談ください。

 

おわりに

あらかじめ伝えておきますが症状の改善には時間と根気がいります。

殆どの方は良くなる前にあきらめてしまいます。

しかし、つづけた方は痛みが取れるのを実感しています。

膝の痛みは根本から治療をしないと一度痛みが取れても再発してしまいます。

膝に痛みを感じたら、お早めに当院までご相談ください。

根気がいりますが、 いつまでも自分の足で元気に歩けるように 一緒に頑張りましょう!


くまもと整骨院

0297-71-5585

便利なLINE予約↓

取手市くまもと整骨院 友達追加

赤ちゃんと通える産後ケア

2018/11/05

赤ちゃんと通える産後ケア

こんにちは!くまもと整骨院、院長の熊本です。

くまもと整骨院では、治療中、大切な赤ちゃんをスタッフがお預かり致します。

取手市くまもと整骨院 赤ちゃんと通える産後ケア

治療中寂しがる子は、ベッドの近くまでお連れして、ママの顔を見ながら 安心して待っていられます。

ベビーカーに乗ったままでも大丈夫ですよ(^-^)/ 

また、当院は授乳スペースや、おむつ交換のスペース、ミルクに使える安全なお湯を用意しています。

「結構泣きますけど大丈夫ですか?」 とよく聞かれますが、赤ちゃんが泣いてしまうのはごく自然なことです。

平日の午前中は特に赤ちゃんが沢山来院されますので賑やかですよ!

思う存分泣いて行ってください 。

出産や子育てで身体に負担のかかるママさんを当院が全力でサポートいたします。

絵本や人形などでみんなご機嫌で待ってますよ。

是非トップページの動画をご覧ください。

まずは一度お電話でご相談ください。

※スタッフの出勤状況により、お預かりできない場合がありますので 来院前にお電話下さい。

お子様連れの方へ


くまもと整骨院

0297-71-5585

便利なLINE予約↓

取手市くまもと整骨院 友達追加

労災(労働災害保険)

2018/11/05

労災(労働災害保険)

こんにちは!柔道整復師の熊本です。

今回は労働災害保険についてお話します。  

取手市くまもと整骨院 労働災害保険

労働災害保険(労災) とは

労働者が勤務中や通勤中にケガをしてしまった時に補償をしてくれる保険です。

これによって労働者は安心して働くことができます。

個人事業、法人問わず、人を雇用している以上(アルバイト含む)雇用主は労働保険(労災+雇用保険)に加入する義務があります。

くまもと整骨院も受付のスタッフに働いていただいてるので勿論加入しています。

 

労災を使うには?

勤務中や通勤中に怪我をしてしまったら速やかに職場の担当者に報告しましょう!

勤務中、通勤中に怪我をしてしまった場合、その責任は雇用主にあり、労災を使って補償をします。

会社の担当者の方から健康保険を使って通院するように言われたとしても健康保険を使うことはできません(健康保険組合でなく雇用主に支払い義務がある為)。

労災により、怪我の治療費や慰謝料などが支払われます。

 

労災を使うと職場の人に迷惑がかかる?

よくそのように思われがちですが、労働基準監督署からの回答はこうでした。

「労災を使うには労働基準監督署に連絡を入れるだけで、後の手続きは労働基準監督署の方でやります。 労災を使ったからといって雇用主、被雇用者共に支払う金額が上がることはありません。」

思っていたより簡単に使えそうですね。

 

労災を使えない場合って?

勤務中とはいえ就業規則を守っていなかったり、職務の遂行性のない時、通勤中に寄り道して通勤経路から外れた場所での事故の時等は自己責任となり、使えない場合もあります。

つまり、真面目に会社のルールを守って働いていたが不慮の事故で怪我をしてしまった。

そんな時は労災を使えるんですね。

車での通勤中、自分が加害者の事故を起こしてしまった時も労災の適応になります。

 

おわりに

もちろんくまもと整骨院も労災を使っての施術を行っております。

労災適応の場合は自己負担はありません。

痛みを我慢せずにしっかり治していきましょう!

当院は土日祝日も仕事帰りでも通える夜9時30分までの受付です!

勤務中、通勤中に怪我をしてしまったら、 是非一度当院にご相談ください。


くまもと整骨院

0297-71-5585

便利なLINE予約↓

取手市くまもと整骨院 友達追加

腱鞘炎(ばね指、ド・ケルバン病)

2018/11/05

腱鞘炎(ばね指、ド・ケルバン病)

こんにちは! 柔道整復師の熊本です。

みなさんはスマホやパソコンのマウスを長時間使った後、 指や手首が痛くなったりしたことはありませんか?

これは腱鞘炎のサインかもしれません。

他にも手を使う仕事の方、授乳をする育児中のママなどにも多く見られます。

 

腱鞘炎とは

指や手首を使いすぎたことで手の腱や腱鞘などに 負担がたまり炎症を起こし、指の付け根や手首が痛くなる症状 のことをいいます。

取手市くまもと整骨院 手の腱鞘炎の症状

指に痛みを感じる腱鞘炎のことを 「ばね指」または「弾発指」 といい、親指根元の手首に痛みを感じる腱鞘炎のことを 「ドケルバン病」または 「狭窄性腱鞘炎」といいます。

 

ばね指・弾発指

次のような症状がみられます。

・指の関節がこわばる

・指の付け根が腫れて熱っぽくなり、押すと痛い

・指の屈伸動作時に痛みがあり、引っかかりを感じる

・朝に痛みが強い

・指を動かし始めると痛みが軽減する  

このような症状がある場合、ばね指の可能性があります。

 

ドケルバン病・狭窄性腱鞘炎

以下の症状がみられます。

・手首を動かすとだるい

・親指の根元あたりが腫れ、押すと痛い

・親指の曲げ伸ばしをすると強く痛む

・親指が思うように動かせない  

このような症状がある場合、ドケルバン病の可能性があります。

当院では産後の骨盤矯正を受けているママさんがある日症状を訴えてくることが多く見られます。

 

おわりに

どちらの症状も放っておくと大変です。  

痛みがひどくなると、指や手首が動かせなくなってしまう恐れがあります。

最悪の場合は手術が必要になることもございます。

早期発見のためにも、以上のような症状がある場合や お身体のことでのご不安やご相談がございましたら、一度当院までお越しください。

お電話やLINEでのご予約やご相談も受け付けております。

お気軽にご利用ください。  


くまもと整骨院  

0297-71-5585

便利なLINE予約↓

取手市くまもと整骨院 友達追加

 

打撲(うちみ)の治療

2018/11/05

打撲(打ち身)の治療

こんにちは 柔道整復師の熊本です。

今日は打撲の治療について書いていきます。

膝の打撲 取手市のくまもと整骨院

打撲(うちみ)とは転倒したり、硬いものに強く体をぶつけて、あざができたり患部が熱を持ち腫れあがる怪我の事を言います。

軽度の物は一週間ほどで自然に治癒することも多く、あざや腫れは打撲をして時間が経ってから出ることもあるので軽視されてしまうことが多いです。

しかし初期の処置が遅れると、あざや腫れ、痛みがなかなかひかなかったり、患部の組織が硬さを残し、あらゆる症状の要因になります。

また、打撲だと思っていても骨にひび(骨折)が入っていることもあるので、できるだけ早めに受診されることをおすすめします。

もし直ぐに受診できない場合は、氷水やアイスノンなどで患部を冷やして安静にしましょう。

 

当院では患部の腫れを散らし、圧迫することで治癒力を高めていき、硬さが残りにくくします。

打撲に対して特に有効な治療はテーピングで、患部の皮膚にわざとシワを作り、筋肉と皮膚の間に隙間を作ることで血液やリンパの流れを良くし、怪我を早く綺麗に治してくれます。

怪我をして二週間以上経過してから受診した場合、健康保険の適応外となってしまいますので、お早めに当院にご相談ください。


くまもと整骨院

0297-71-5585

便利なLINE予約↓

取手市くまもと整骨院 友達追加